つれづれ猫日記

タグ:志の輔 ( 3 ) タグの人気記事

牡丹灯篭の夏

a0085246_225317.jpg8月17日 「志の輔落語in下北沢」
 『牡丹灯篭』というと、お露、新之介のカランコロンの幽霊談があまりにも有名だが、実はそれはほんの一部。何代にもわたる、運命の糸に操られた人間たちのどろどろにして壮大なドラマがあったのだ。ということを、何とでっかいパネルに数十人の登場人物の相関図を説明しながら完成させる志の輔さん。「そのあたりのことに、ガッテン」したのち、中入り後、主なエピソードを残しつつ牡丹灯篭をざっとダイジェストで語るという試み。
ライブとしては面白く、もちろん出色の出来なのだが、やはり走った感は否めない。数夜に渡って連続して聴くってことができればもっとじっくり盛り上がったのかも…。

9月11日 「志の輔落語 ひとり大劇場」
いつも、落語らしからぬ演出で観客をあっといわせる「志の輔らくご」。しかし、今回ばかりは大きな仕掛けなし。(ちょっと面白い演出はありましたが…)1600人の大劇場に座布団の上、たった一人で挑む姿はまるで侍のようだった。
「演ずるのは今回、最初で最後でしょう」と言っていた『政談 月の鏡』(円朝作)。「落語にはサスペンスは似合わない。あまりにも場面転換が多すぎるもの、主役が途中でてこないものは実につまらなく感じられる」といいつつも、あそこまで、鮮やかに演じられるとは! 今回限りといわず。ぜひまた聴きたい一作になった。『バールのようなもの』『八五郎出世』『政談 月の鏡』

9月20日 「柳家小三治独演会」

近所のご隠居さんのところへ遊びに行って、面白い話を聞いているうちに縁側で猫とついうたた寝。あれ?と目が覚めたときも、ご隠居はニコニコと話をつづけていた。なんて感じ。決して言い訳じゃないぞ。前から4列目真ん中の席だってのに、何とまくらの途中で(小三治さんのまくらが長いのは有名)うかつにも寝てしまったワタシ。すごく面白かったんだけどね。なんだかものすご~く、心地よくて。見えてたかなあ。見えただろうなあ…。
『こんにゃく問答』『一眼国』。

a0085246_2255461.jpg9月29日 「志の輔らくご vol.20」
落語倶楽部状態の友人たちとの定例会にも(?)なっているアートピアホールでの志の輔さんにいそいそ。昼、夜二回公演だったため、少々お疲れ気味だったよう。みんなで心配する。しかし、昼夜連続で聴いているお客さんがいたとか。この夏は「志の輔三昧」だったと思ったが
…これは負けましたな~。『バールのようなもの』『ねずみ』。

9月30日 「喬太郎のラクゴ新世界 scene7」
市内の居酒屋での喬太郎さんの独演会。『諜報員メアリー』『牡丹灯篭~おみね殺し~』百両に眼がくらみ、新三郎の家のお札をはがしてしまう夫婦、おみねと伴蔵のその後が、この話。以前、同じこの会で「お札はがし」を聴いた。喬太郎さんの牡丹灯篭、おみねが中々色っぽい。伴蔵の豹変振りも鬼気迫るものがある。

奇しくもこの夏は『牡丹灯篭』に始まり、
『牡丹灯篭』に終わった
のだった。
[PR]
by buchi128 | 2007-09-30 23:55 | 落語のツボ

猫と三味線と文楽と

a0085246_21142686.jpgGW、千秋楽は、自分にごほうび。
というか、このために頑張れたといったほうがいいかもしれぬ。
おなじみ「志の輔らくご」へ。
今回は、文楽編
登場したのは、ロシアからの留学生。イワン・ズコノビッチと化した志の輔さんが、日本の伝統文化のすばらしさを「講演」という形で語ったあと、ホンマモンの文楽『伊達娘恋緋鹿子』が披露される。恥ずかしながらワタクシ文楽初体験。1人の人形遣いに2人の黒子。3人もの人間が人形を操っているというのに、いつのまにか人形しか見えなくなってくるすごさに、ただただ驚くばかり。イワン氏ならずとも、文楽の魅力にまずは身を乗り出してしまう。15分の仲入りをはさんで、志の輔さんの落語。「へえ~。今日は黒い着物なんだ~」と思っていたら、ちゃ~んと理由があった。

a0085246_21145129.jpg子猫が、三味線の皮となってしまった父母を慕って三味線のお師匠さんに化けるという『猫忠』。その化け猫が、わが身の上を語りはじめるやいなや。志の輔さん、裃姿に早変わり。着物はそのためだったのだ。 なんと!この猫たちの身の上話を、太夫となって語りはじめた!のである。
人形遣いたちは、猫の人形をまるで人間のように操り、時には、笑いも誘いながら、最後には父母を思う子猫たちの姿が…ああ。だめ、涙でかすんで…。
以前の狂言と落語のコラボも感心しきりだったが、今回はそれ以上。決して、美声とはいえない志の輔さんだが(失礼)、真正面から伝統芸能を敬い、真面目に取り組んでいることがものすご~く伝わってくるのである。伝統芸能と自分の芸とのコラボ。ここまではそこそこ熱心な人なら誰でも思いつきそうなものだが、志の輔さんのすごいところは、とことん飛び込んでひたすらに「習う」姿勢が見えること。そして、自分のお客様に何とか自分を通して、自分が今「ステキだと思っている」ことを伝えたい!という思いが無骨なまでに真摯に伝わってくるところである。
この日の帰り、何人が「文楽、見に行ってみようか」と口にしたことか。
そして、「次回の志の輔も楽しみだね」と手帳に印をつけたことだろう。
走り続けるだけじゃなく、いつも、いつまでも全力疾走。
この人と同じ時代に生きていてよかった。
[PR]
by buchi128 | 2007-05-07 02:07 | 落語のツボ

また富山へ行きたくなったワケ

a0085246_0122371.jpg昨日は、栄アートピアホールにて「志の輔らくごvol。16」。
16回のうち、多分10回以上足を運んでいるだろうか。
最初は友人を誘ってこっそり二人ででかけていたのだが、友人のご主人がふえ、妹さんが増え、仕事仲間が増え…といつの間にか、恒例の「落語倶楽部」状態になっている。
倶楽部仲間には、日大落研出身という、半プロのおじさままでおり、落語のあとの飲んでしゃべってが、また楽しいのである。(今回は、何とご本人が落語家として某席にお声がかかったため、欠席。残念でした)

演目は「三方一両損」「新版宗珉の滝」。もちろん面白かったのだが、それ以上におなかを抱えたのは、志の輔さんが富山空港のうどんやで出逢った二人の男性の「シンジラレナ~イ」エピソード。(ネタばれになるので詳細は書きませんが…)
「落語を聞きに来るってことは、本来は、変わりばえのしない日常から離れて、非日常を味わいに、笑いに来るはずなのに、今は、そっち(日常)のほうが、よっぽど普通じゃないことが起こる」とは志の輔さんの弁。

はっきり言って「非常識」「不思議系」の二人なのだが、そこは志の輔さんの話術のすばらしさ。ユーモアというラッピングが効いて、おちゃめで腹の立たないエピソードに早や変わり。富山空港二階のうどんやへ行きたくてしょうがなくなった。


今日、担当している旅番組のラインナップ案をまとめたのだが、
ついつい富山を入れてしまったのは、間違いなく、このせいだ。と思う。
[PR]
by buchi128 | 2006-12-12 23:46 | 落語のツボ



今日も道端で出あった気になる猫と、きままなおしゃべり
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
黒猫 性格
from 無題
書評:『100万回生きた..
from 酒井徹の日々改善
えがおの鮫珠(さめだま)
from えがおの鮫珠(さめだま)
骨盤矯正ダイエットを始めよう
from 骨盤矯正ダイエット体操の効果
新潟 スポット 恋愛メー..
from 恋愛商材 徹底研究レポ
あの人からのメッセージ
from 常習女
ナンだろサーチ/おかしい..
from 徹底サーチ
小学館 DIME2008..
from はがきによる懸賞情報
ひとことクイズ
from ひとことクイズ
にゃんこ道場
from にゃんこ道場
ライフログ
検索
タグ
(64)
(54)
(37)
(28)
(19)
(17)
(16)
(16)
(11)
(9)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧