「ほっ」と。キャンペーン

つれづれ猫日記

<   2010年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

蕎麦うち入門

先日、蕎麦打ちをした。

人生、二度目である。
師匠は同じ、ハットリさん。(忍者じゃないですよ)
サラリーマンから出張蕎麦職人になり、サラザンという店を持ったあとは、多くの弟子を育ててきた。

以前、「スタイルプラス」という番組で取材をさせていただいた後、
ディレクターさんと
「一度、入門してみようか」とうかがった。

結果はサラザンならぬ…サンザンだった…。

実は結構、「意外にやれるんじゃないか…」と思っていたのだ。
それが、みるとやるとでは大違い。
麺棒をころころころがすことがとにかくできない。
蕎麦粉のないところで、素振りまでするはめになった。
あんなに自分が不器用だとは思ってもいず、かなり落ち込んだのだった。

めぐりめぐって不思議なご縁があり、
今回は完全なプライベイト。
「リベンジだ~」とのぞんだのだが

結果はやはり…。サンザン(笑)

「経験は充分生きてますよ」と慰めてくださったが…。
不器用は治らないんだな…きっと。

終わったあとは、ハットリさんのお弟子さんの店
創愿(そうげん)」で食事。
こちらは絶品蕎麦懐石。やっぱり、蕎麦ってこうじゃなくちゃ。

で…。

わたしが打った蕎麦は…というと、翌日、両親に振舞ったのだが…。
「なんだか短いなあこの蕎麦」(by父)
「あら、固まってる」(by母)
と、まあ推して知るべし(涙)
でも、材料はとびっきり。なので、
「蕎麦湯がうまい!」
「かおりがいい」と大好評。

蕎麦らしい形態になるまでには、まだまだかなりかかりそうである。
[PR]
by buchi128 | 2010-02-26 21:46 | おいしいのツボ

小倉トーストコレクションfile7

見慣れた風景も、いつもと違って見えることがある。

時を同じくして東西の客人と味わった名古屋は、とても新鮮だった。

一人は東京からのディレクターさん。
取材のため、名古屋へ。 打ち合わせ中、いろいろうかがうと、名古屋へは何度もいらしているとのこと。
また、名古屋の取材も多かったそうなのだが、心残りがあるという。
「まだ、食べたことがないんですよねえ。あんかけスパ」とこちらへの視線は、お願いモード。
久しぶりに、栄のヨコイでランチすることになった。
自然、なんとなく案内しながら歩くことになる。
「テレビ塔、やっぱ目立ちますねえ」なんていわれて見上げると、なんだかテレビ塔がよそ行き顔に見えるのだ。
「道、広いですよね~」
ああ。そういわれると空も広いし、すっきりして中々いいでしょ。なんてちょっと自慢してみたりして。

もちろん、あんかけスパも堪能。
ご満足いただいた。
夕方の名駅前の風景も
「すごいすごい。名古屋はやっぱりきれいだあ~」なんていわれると、
自分のことみたいにうれしかったりして。
考えてみれば、自分もこんな風にゆっくり夕暮れの名古屋なんて眺めるの何年ぶりだろう。

な~んて思ってたら。

その5日後。

友人が、大阪より来名。
宝塚観劇のため。中日劇場でごひいきのキリヤン(月組の霧矢大夢)の公演があったのだ。
うまいと評判のキリヤンの舞台を一度観たいと思っていたワタシ。当然、ご一緒する。
彼女は、名古屋でずっと一緒に仕事をしていた仲間。カルト芸人から落語、文楽、歌舞伎までとにかく芸事に造形が深い。趣味が高じて(?)最近大阪へ引っ越してしまった。
久々の名古屋を、
「緑が多くて、道が広くてこんなにいい町だと思わなかった」
と、なつかしそうに見回している。
なんだか、実家に帰ってきた娘をむかえたばあちゃんの気分。
「そうかね。そうかね~。ゆっくりしていきな~」。
落語会や観劇のあとは、いつもなら、気軽な居酒屋などでぐびっとやるのだが、

a0085246_058473.jpg
どういうわけか、「名古屋名物満載の居酒屋へ行かない?」
ということになり、
なんとシメはそこの「小倉トースト」となった。
フランスパンにアンと生クリームとアイスクリームがトッピング。
王道の小倉トーストとは少し、様相を異にするが、これが中々の美味。
小倉トーストが、「喫茶店のいつものメニュー」から、ついに居酒屋デザートとして華々しくデビューした!という感じ。
宝塚観劇のあとにふさわしく? 
「羽を背負った小倉トースト」というところ。


見慣れた風景同様、味もまた、一緒に食べる人、で味わいが変わるのである。


「小倉トーストはなれ風バニラアイス添え」480円なり
旬彩・名古屋めし 台所 はせがわ はなれ
052-951-5544
[PR]
by buchi128 | 2010-02-22 00:38 | おいしいのツボ

最古?の猫ブログ

先日、大人気ブログ「くるねこ大和」さんで、
宇多天皇が大の猫好きだったことを知る。
『寛平御記』という宇多天皇の日記に、
天皇の飼い猫を紹介する件があるのだという。
唐から来た黒猫で、
他に中々ない「まるで墨のように黒い」と記されているとのこと。
なんと、これはわが飼い猫「すみくろ」と同じではないか!
宇多天皇におもいっきりシンパシーを感じてしまった。

天皇によるとその猫は、
体長は45センチくらい。


a0085246_3585733.jpg

伸びると弓みたいで


a0085246_3503275.jpg

まるまると黒い黍のよう


a0085246_341273.jpg

歩く姿はまるで雲の上の黒い龍!


a0085246_3415543.jpg

夜中にねずみを捕るのが上手なんだ~


a0085246_3423881.jpg

口はきけないけど、人間の言葉がわかるよう。

と、毎日ミルク粥をあげて可愛がっていたそうな。

「私はこの猫の才能がすばらしいから愛してるわけではない。先帝にもらったから大事にしてるだけ」
な~んていいながら、この愛でよう。尋常ではありませぬ。
いや~。宇多天皇こそ、最古の猫ブロガーというところか?

宇多天皇の愛猫、何て名前だったんだろうね?
すみくろ~。
a0085246_402248.jpg

[PR]
by buchi128 | 2010-02-18 03:45 | ねこのツボ

好きになったひと

テレビやラジオの台本を書いて、身過ぎ世過ぎをするようになって、20年以上がたちます。(年がばれるので正確には言いませんが…)

仕事をはじめたばかりのとき、先輩に言われた言葉というのは、その時はもちろんですが、年月を経てこそますます響くなあと、最近特に思います。

「お前はその人が本当に好きか?」

初めてついた番組のプロデューサーから言われた言葉です。
ADとしてお手伝いしていたワタシに、初めてコーナー取材の機会をいただいたときのことです。
そのコーナーは、地元の隠れたプロフェッショナルを発掘し、紹介するミニドキュメントで、番組全体は、お色気もたっぷりの深夜のバラエティにもかかわらず、ちょっと骨太なコーナーとして注目されていました。

当然、はりきります。いいとこ見せたい。
「おっ、なかなかおもしろいネタを拾ってきたな」
そう、思われたい。
もう、それで頭は一杯でした。
おまけに、20年も前の時代です。「女なんか」といわれたくない。
そんな思いも、当然なかったとは言えません。

結果は…。

形にはなりました。多分、当時、地元では初めて取り上げた職業でした。
「へえ。こんな仕事があるんだ」と、先輩ディレクターたちは、よちよち歩きのワタシをねぎらってくれました。
しかし、スタジオ収録が終わったあと、プロデューサーはワタシをよんで言ったのです。
「お前、あの人を本当に取材して好きになったか? 迷いはなかったか?」と。
どきっとしました。
初めてのネタが形になったのに、「思ったほどの充実感やうれしさがわきおこってこない」もやもやの「ホントのところ」を言い当てられたからだったのです。
紹介する仕事の時代性や内容のおもしろさは確かにありました。でも、ワタシの取材がまだまだ生ぬるかったのでしょう。その人の魅力にとことん惚れているから紹介したい。という情熱が明らかに欠けていたのでした。
「ちゃんと取材する人を好きになってから、取り上げろ。そうでなかったら、どんなにいいネタでも、あきらめろ。誰が何と言っても『この人を紹介したい』そう思う気持ちがあれば、テクニックはあとからついてくる」

言ったプロデューサーは「当たり前」のひと言だったのかもしれませんが、ワタシには、いつもずっとよりそってくれている言葉のひとつです。

2月。お手伝いしているNHKアーカイブスの『蔵出し劇場 あの人からのメッセージ』がまた始まりました。
毎週木曜日は、NHKに残されている膨大なアーカイブス映像を再構成して、新たなお二人の組み合わせでメッセージを伝えるもの。 

2月4日は「小倉遊亀と武原はん」
11日は「黒澤明と淀川長治」
18日は「宇野千代と三岸節子」
25日は「藤間紫と三遊亭圓楽」
3月4日は「高田渡と照屋林助」
が予定されています。

ワタシは、18日放送分の「宇野千代さんと三岸節子さん」を担当しました。もちろん、大好きなお二人。この番組を担当し始めたときから「絶対、いつか」と思っていたお二人です。
タイトルは花よりも花らしく。「わたしにとって幸福の花」と生涯さくらを愛した作家の宇野千代さん、100点以上もの花の作品を残し、生涯、「自分の花」とは何かを追究しつづけ、最後に「さくら」にその思いを託した画家の三岸節子さん。逆境にもめげず、しなやかに何度でも甦り花を咲かせ続けたお二人の「花に託したメッセージ」を探りました。残念ながら、ご存命の間にお会いすることはかないませんでしたが、番組を通じて、お二人を知る方や、ご子孫に、生前のお二人のエピソードやお人柄をうかがうにつれ、ますます「惚れ直し」、それはそれは至福の時を過ごさせていただきました。

NHKBS2で18:00~18:38の放送です。
少しでも「大好きだ~」という思いが届くことを願っています。
[PR]
by buchi128 | 2010-02-08 00:26 | 初めてのツボ

雪の日のトキメキ

今日は寒かったですね~。

名古屋も雪。
こんな日は、いつもと違った風景にであえます。

名古屋駅の朝。
新幹線ホーム。

a0085246_2271919.jpg

お~い。
線路の中に入っちゃダメですよ~。
と思わず声をかけたくなるのは、
オレンジの制服を着たお兄さんたち。


a0085246_22143949.jpg

等間隔に並んで、じっと待っているのは、新幹線です。

新幹線の雪を落とすためです。
大雪の米原越えをしてくる新幹線。
今日みたいな日は、列車の下のところ(何ていうのか教えてくださいね)の「雪落とし」が名古屋駅で行われます。


a0085246_2215293.jpg

せ~ぜんと並び、新幹線が入船すると、さっと仕事をすませ、東京へと向かう新幹線を見送るオレンジ隊。
なんか、かっこいいんです。
「ああ、こういう人たちに新幹線が支えられているんだなあ…」と、ちょっとドキドキ。

鉄子ぢゃありませんが、なんだかときめいてしまうのであります。
[PR]
by buchi128 | 2010-02-06 22:11 | 旅のツボ



今日も道端で出あった気になる猫と、きままなおしゃべり
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
黒猫 性格
from 無題
書評:『100万回生きた..
from 酒井徹の日々改善
えがおの鮫珠(さめだま)
from えがおの鮫珠(さめだま)
骨盤矯正ダイエットを始めよう
from 骨盤矯正ダイエット体操の効果
新潟 スポット 恋愛メー..
from 恋愛商材 徹底研究レポ
あの人からのメッセージ
from 常習女
ナンだろサーチ/おかしい..
from 徹底サーチ
小学館 DIME2008..
from はがきによる懸賞情報
ひとことクイズ
from ひとことクイズ
にゃんこ道場
from にゃんこ道場
ライフログ
検索
タグ
(64)
(54)
(37)
(28)
(19)
(17)
(16)
(16)
(11)
(9)
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧