「ほっ」と。キャンペーン

つれづれ猫日記

<   2009年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

たい焼きの魚拓

え? と耳を疑うなかれ。
立派な「魚拓」。どうぞご覧あれ。
a0085246_23434235.jpg

鯛焼きはれっきとした「魚類」なのだ

ただし、「魚拓」として残すのは「天然モノ」のみ。
「一丁焼き」といわれる一つの型で一つずつ焼く、昔ながらのスタイルのものだけ。
写真家として活躍している宮嶋康彦さんは、日本全国に足を運ぶうち、鯛焼きの魅力にとりつかれ
この「天然モノ」が絶滅の危機に瀕していることを憂いて、魚拓を採り始めたのだという。
(ちなみに「天然モノ」とは宮嶋さんの命名だ)

宮嶋さんとはラジオのドキュメンタリー番組の取材でお世話になって以来のお付き合い。私も旅暮らしの身、「こんなところに天然モノ発見」と情報部員(笑)を買って出たことも。

上記のお店の鯛焼きはすでに絶滅してしまった(閉店してしまいました)のだが、近頃、あちこちにまた天然モノが、新発見されるようになった。

「岐阜と名古屋にもありますよ~」とお誘いしていたところ、
早速、魚拓を採りに来られることになった。
実際に魚拓を採られるのを拝見するのは、これが初めて。
こんなおもしろい(宮嶋さんごめんなさい)機会は滅多にない。
ご案内方々、くっついていくことになった。


a0085246_23445399.jpg
やってきたのは、岐阜「福丸」。
近づくだけで、もう香ばしい香りがぷ~んと迎えてくれる。
皮が薄く、ぱりっとしたタイプの鯛焼き。
私は早速ぱくつくが、宮嶋さんはご主人に断って魚拓の採取。
携帯用の道具を手際よく取り出し、鯛焼きを水で少し湿らせて和紙を置く。
その上から墨を塗ったタンポを丁寧にぽんぽんとたたいていく。
みるみる浮かび上がる、鯛焼きのうろこ。鯛の顔って目がまん丸で中々キュート。
しかし、それ以上に目をまん丸くしていたのは、ご主人だ。
「へえ~~~~~~~~! こんなことする人初めて見ました!!」


a0085246_23453085.jpg
ご主人やお客さんの驚きの中、無事に魚拓を採取した宮嶋さん。
採った鯛焼きをこれまたおいしそうにぱくり。
「こうやって採ると、ちゃんと鯛焼きもいただけるんですよ。
いろいろ試行錯誤した結果、このやり方に行き着いたんです」


a0085246_2346385.jpg
鯛焼きを愛してやまない宮嶋さん。脱サラしてこの店を始めたというご主人と鯛焼き談義に花が咲く。
こうしたエピソードをまとめて、以前、本も出版されたが、今年は各地で「鯛焼きの魚拓展」も開いている。
形のバリエーションの豊富さに驚き。そしてそれぞれの鯛焼きにはおいしいあんこだけなく、あったかな物語が詰まっていることに、ほっこり。

ひょっとして、名古屋でも?

そんな期待にわくわくしながら、次の店へ向かう。
こちらは、もし企画展が決まったらまたご案内することにする。


あ、ところで、忘れてました。
福丸の鯛焼き、ウン十年の人生の中で3本の指に入る、おいしさ。太鼓判です。

「福丸」 岐阜市美殿町49 
鯛焼き 100円  
[PR]
by buchi128 | 2009-08-14 22:56 | おいしいのツボ

8・6 in 広島

a0085246_15445043.jpg

前日訪れた、袋町小学校平和資料館。
64年前の8月6日。今も残るこの小学校の校庭から一瞬にして百数十名の子供たちが消えた。
平和資料館として、建物を残すことになり、校庭を数メートルも掘って調査しても、遺骨は一切見つからなかったという。爆心地に近いこの校庭は、3000度近い熱射をあびたはずだと、解説をうけた。
わずかに残った建物の壁には、子供たちの安否を尋ねる家族のメモ、
真っ先にかけつけたのであろう教師たちの丁寧な伝言。
何もかもが、悔しく、空しい。

隣の建物で、友人の自主映画を観る。
狂夏の烙印~在韓被爆者になった日から~
原爆の被害者は、日本人だけではない。友人は広島に住むようになって、在韓被爆者たちのドキュメンタリーをコツコツとりためている。第二作にあたる今作は、在韓被爆者の帰国後の暮らしぶりをまとめた証言集だ。被爆はもちろんだが、戦争という負の思い出を語りたくない、という方は今も大勢いらっしゃる。真摯な苦悩をカメラにむかって語ってくださるその信頼関係を作った友人の姿勢と努力に頭が下がる。


8月6日。

a0085246_15472048.jpg

ホテルの窓から、原爆ドームが見える。
朝早くから平和公園に集まっている人の波。

原爆慰霊祭に友人と一緒に参列する。

a0085246_15481367.jpg


8時15分、黙祷。

a0085246_1549862.jpg
ジンジンと耳の奥に響くセミの声が、どんどん小さくなって、否応なしに64年前の哀しみに連れて行かれた。
前日に訪れた袋町小学校の子供たちのその時を思った。
土地の記憶がそうさせるのか。
集った人々の思いがそうさせるのか。


「唯一の被爆国日本」という、教科書どおりの表現がある。
しかし、それは、もっと精査されるべき表現なのではないか?
韓国はもちろんだが、日本で被爆した多くの外国人が存在し、その影響がどこまでに至るのか?という不安と恐怖は、確実に次世代、さらに次世代へとつづいているのだ。
世界中の国が「被爆」の哀しみを抱えているはずなのに…。

a0085246_15584799.jpg
プログラムに、小さな金色の折り紙がはさまっていた。
折った折鶴は核兵器廃絶の願いを訴えるため、広島市長が訪問する国の政府に贈られるという。
 
思いはいつか届くと信じたい。灯篭流しの明りを眺めながら、友人が言ったひと言が忘れられない。
「時間がないのよ。伝えていくためには、急がないと」
歴史の証人たちの命の証言に少しでも耳を傾けたい。
[PR]
by buchi128 | 2009-08-07 15:06 | 旅のツボ

黒ネコの性格

十人寄れば、気は十色な~んて申しますが、
猫も例外ではないようで。

十匹寄れば、毛も十色。
でもって、
「猫は毛色によって性格が異なる」んだそうですな。
こんな調査をネットで発見。

ベネッセが飼い猫1000匹を対象に調査を実施

早速のぞいてみた。

a0085246_18461843.jpgわが家のすみくろは、
ご覧の通り「まっくろくろすけ」
この調査によると、
「猫にも人にもフレンドリー」。
フランスの研究者が「フレンドリーな性格ゆえ、都心に住んでいるノラ猫には黒猫が多い」と
言っているとか。
いきなりフランスかい…。
とつっこみ入れたくなりましたが…。
ま、いいか。
なんとなく、フランスの町に黒猫って画になりそうだし…。

ま、とにもかくにも、
パリの街角…ぢゃなくって、新栄の街角で、ノラ暮らし。
フレンドリーな性格ゆえ、さっさとワタクシに拾われた、すみくろ。
まさに、どんぴしゃではありますな。

しかし、黒猫…フレンドリーだが、よく噛む。とまではならないようで。
ガブリエルな性格は、特殊なのかしらん。
毛の色は関係ないのかしら?

みなさ~ん。お宅の猫はいかが?
[PR]
by buchi128 | 2009-08-02 04:59 | ねこのツボ

妖怪ネコケダマ

それは、知らないうちに家の中に巣くい、
機械の中へと滑り込んで、
じっとその時を待つ。
仲間を呼びよせ、かたまり、やがて…
潜んだ機械の息の根を静かに止めるという…。


ぎゃ~~~~~。

出たな~? 妖怪ネコケダマ~!!!!
a0085246_23391347.jpg


先月初め、プリンターが突如壊れ、一斉送信したメールが不思議な現象を起こした。
かなりプレッシャーのある仕事が重なっていた折りの、いきなりの故障。
「よりにもよってど~して今なのよぉ~!!!!」
締め切りが重なって、部屋の中は資料や紙の山。その間をすみくろがどどど~っと走っているかなりの修羅場。こんなところに修理のおじさんを上げるなんてもう、恥ずかしすぎるっ!
と思っていたら、ちゃんと宅配便で代替え機が送られて来、そのハコに修理して欲しいプリンターを入れて送れば、分解修理してくれるとのこと。なんていまどきって便利なの。と感激。

と、まあ修理ほうほうはさておいて。
このたてつづけの機械の不調を友人のYさんに話したところ、
「それ、猫の毛のシワザかも…」と意外な答えが返ってきた。
彼女の家でも猫を飼っており、精密機械の具合が悪くなって修理に出したら原因は「猫の毛」だったというのだ。
さらにメーカーの人に、
「パソコンの中から時々、大量の猫の毛がうわ~って出てきたりするんですよ~。ふふふ」
ってメーカーの人に脅されたとのこと。


それ、だったのかもしれない。

一週間もしないうちに、修理に出したプリンターが返ってきた。
具体的に、報告書に猫の毛の話は書いてなかったが、さまざまな箇所に不具合がみられたとのこと。
インクもれやら、エンジンユニットのトラブルやら。これらの根本原因はひょっとしたら、猫の毛かも…。


a0085246_2339307.jpg


しかし、今も妖怪ネコケダマは、飼い猫「すみくろ」の体を借りて、機械へと忍び込むときをじっと待っている。
だって、早速、もう、プリンターの上に寝て、動かないんだもん(涙)

※プリンターの上ですみくろが敷いているのは、段ボール箱を引っぺがしてつくった即席カバーです。
いないうちにいろいろボタンをおすんですよねえ。どうしてあんなにプリンター好きなんでしょう?
[PR]
by buchi128 | 2009-08-01 23:42 | ねこのツボ



今日も道端で出あった気になる猫と、きままなおしゃべり
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
黒猫 性格
from 無題
書評:『100万回生きた..
from 酒井徹の日々改善
えがおの鮫珠(さめだま)
from えがおの鮫珠(さめだま)
骨盤矯正ダイエットを始めよう
from 骨盤矯正ダイエット体操の効果
新潟 スポット 恋愛メー..
from 恋愛商材 徹底研究レポ
あの人からのメッセージ
from 常習女
ナンだろサーチ/おかしい..
from 徹底サーチ
小学館 DIME2008..
from はがきによる懸賞情報
ひとことクイズ
from ひとことクイズ
にゃんこ道場
from にゃんこ道場
ライフログ
検索
タグ
(64)
(54)
(37)
(28)
(19)
(17)
(16)
(16)
(11)
(9)
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧