つれづれ猫日記

<   2009年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

名古屋場所

a0085246_2303939.jpg
土曜日、名古屋場所へ。
高校時代の同級生たちと、4升を占拠して応援。
最後の取り組み、琴欧州が朝青龍を土俵外に押し出したところで
もう、座布団が乱舞。
紫色の飛行体が愛知県体育館に花吹雪のように待っていた。
何度か、観戦には行っているが、
こんなに座布団が飛ぶのを観たのは初めて。
いい取り組みをたくさん見せてもらった。
このあとのビールも盛り上がった。盛り上がった。

やっぱり、名古屋の夏は、相撲だがね~。
[PR]
by buchi128 | 2009-07-27 03:23 | 初めてのツボ

テントと繭と土俵と…

今週は「自分で自分にごほうび」週間デス。

先週まで、初挑戦の仕事でものすご~く自分を追い詰めておりまして。
ガラにもなく、ひと段落するまで「禁酒」な~んてのまでしちまいました。

へろへろだったので、まずは、鍼で体をゆるめて。

月曜日、新宿の花園神社で「椿組」のテント芝居『新宿ジャカジャカ』。
友人が日記でおもしろかったと書いていたのが、背中を押してくれた。
a0085246_2193167.jpg

アバンにいきなり!!山崎ハコ登場!! ♪アカシアの雨にうたれて~♪と歌い上げる。
1969年ごろの新宿西口フォークゲリラのお話なので、全編フォークミュージカルといった体。
飽きさせず、役者さんもみんな達者で素直におもしろかった~。
花園神社のテント芝居は以前『唐組』を観ただけだったので、
あの暑さの中でぎゅうぎゅうになって観るのを覚悟していたら、
ちゃんと席が設けてあり、おまけに指定も出来るというご~か(?)さ。
うちわもレンタルできて、快適、快適。
うちわで拍子をとりながら、みんな歌を一緒にくちずさんだりして。
…でも、さすがに、知らない歌ばかりだったなあ…(といちおう、世代が違うことはここでいっておこう…♪自衛隊に入ろう♪ くらいはわかったけど…って充分?)

火曜日は、うふふふ。
コクーン歌舞伎。『桜姫』。 a0085246_21192338.jpg
先月、同じ桜姫を現代劇(南米に舞台を置き換えて)として長塚圭史が脚本におこしたものを、
大竹しのぶ(桜姫ことマリア)、白井晃(清玄ことセルゲイ)中村勘三郎(釣鐘の権助ことゴンザレス)、古田新太(残月ことココージオ)たちの怪演で堪能した。が…正直脚本がちょっと難解すぎたというか、無理があるというか…。観たあとお芝居の話しで盛り上がらなかったといえば、なんとなく伝わるかな…。(ワタシが勝手にわかんないだけなんだけど)

今回は同じ舞台装置で、同じ串田和美が演出でコクーン歌舞伎
『桜姫』そのものは、はちゃめちゃな波乱万丈すぎるお姫さまのお話なのだが、オーソドックスに筋をおいつつも、さすが!の演出、役者たちのうまさにうなること。うなること。細かいことをいえば、いろいろ感激した部分はあるのだが、あえてひとつだけあげろといわれたら、桜姫を演じた中村七之助の美しさ。悪党、釣鐘の権助(中村橋之助)との濡れ場の所作の美しさ、妖艶さに圧倒された。歌舞伎通の友人いわく、以前観た玉三郎の桜姫は、息をのむほどすごかったそうだが、いやいや、七之助さん。(玉三郎に教えを乞うたらしい)これからどんな女形をみせてくれるのか、わくわくするような楽しみの種をまいてくれたような気がする。

しかし、これを観たことで、なかなか腑に落ちなかった先月の『桜姫』との符合がいろいろ見えて、おもしろさが増したことは確か。 思い切って(無理もして(笑))両方観て正解!だった。

それにしても、二ヶ月連続して、同じ舞台装置で同じ演目を、全然別の形、別の人物になりきって演出し、演ずる、串田和美と中村勘三郎(6月は、ゴンザレスという権助とおぼしき人物を、今回は、清玄を演じてます)っていう人たちのすごさにぞ~っとするばかり。 (あ、笹野高史さんも両方でてます)

いや~。芝居も、その後の飲んでおしゃべりも思いっきり堪能しました。
で、つかれて、朝寝坊して、皆既日食。観損ねました。

さあ、土曜日は名古屋場所だ~!!!どすこいっ!
[PR]
by buchi128 | 2009-07-23 21:05 | 落語のツボ

木のぼり

a0085246_2383075.jpg
タイトルを見てみなさん思うことでしょう.
木に登ったのは、ウチの飼い猫「すみくろ」だと。

登ったのは…。

飼い主です。

そう、
です。

先月、番組で長野~山梨~静岡へ取材にでかけました。
夏休み向けのドライブ企画で、
高山~北陸への、ちょっとしっとり大人のドライブと
富士山周辺への、ファミリー向けのアクティヴなドライブ
二つのコースを設定し、その下見でな、なんと、木のぼりすることになったのです。

訪れたのは、富士山麓にある「フォレストアドベンチャーフジ
木登りといってもよじ登るわけではなく、樹上にしつらえられたアドベンチャーを順にこなしていく。というもの。
木を傷めずに森をたのしむための、フランス発祥のプログラムです。

とはいってもね。大きな問題が。

ワタクシ、実は高所恐怖症なのでございます。
笑わないで下さいましね。一人で歩道橋をわたるのさえかなり勇気がいる。という恐怖症なのです。めまいがするというか、ひざががくがくするというか。そうそう。体育の授業、平均台を歩くときにさえ、ちょっと怖かったりしたものです。


しかし、どういうわけか飛行機やヘリコプターなんかは全然、怖くないんです。
実際に撮影のために、ヘリに乗って、片方のドアを全開したって、へ~っちゃら。なんです。「仕事だ」と思うからなのか。はたまた好奇心が勝つからなのか。シートベルトされているから「落ちるときはみんな一緒だ~」と腹がくくられているからなのか。…ま、多分そんな理由です。

件の「フォレストアドベンチャー」。
ハーネスをつけて、行います。いつぞやこのブログにも書いた「すみくろ」のハーネスとはワケがちがいます。
安全確保のためです。木に登るときも、登ったあとも、必ず、器具を取り付ける場所があって、そこで確実に安全を確保してから行動にうつらなければならないんです。
もう、びびります。高いところ、苦手ですからね。
でも、なんとなく好奇心はむくむくとわいているんです。
こんな機会でもなければ、自分でやらないですからね。

まずはハーネスをつけて木の上へ。
プラットフォームという足場まで上がるのですが、縄梯子だったりするんですね~。
長らく運動から遠ざかったウン十路女子には、なかなかハードなものがあります。(子どものほうがきっと身軽にできるはず。やったコースは小学校5年生から可能とありました)腕の力もなくなってるし、体も重くなってるしねえ~。そのうえ、この日は雨。我々、カッパを着てその上からハーネス装着。縄やワイヤーは少々滑り気味。慣れないので、必要以上に力がはいっちゃいます。
あ~。よっこらしょ。とようやく登って下を見下ろすと、あああ~~~。地上7メートルでも高所恐怖症持ちには心臓ばくばくに充分です。
安全を確保したら、今度はな~んと、向こうにそびえる木へと数メートルの綱渡り。です。
渡る方法はコースの中にいろいろあって、つり橋風に板が渡してあったり、網がかけてあるのはまだいいのですが、棒が一本。なんてのや、ワイヤーロープ一本なんてのが次々に登場いたします。もう、頼りになるのは、自分の腕と足、そしてワイヤーにつながれたハーネスだけ。
しかし、なんとしても前へすすまねばなりません。向こうの木へ、さらに次へと渡っていかなければ、な~んと地上に降りられないしくみになっているのです。「やっぱり、帰る」と途中で降りられないんですね~。

コースの最後は、ワタシが唯一やってみたいなあと思ったアトラクション。なんとかここまではがんばるぞ。
ジップスライド」といって、ハーネスからの縄を滑車につけて、ターザンみたいに最後は木の上から地上へと降りていくしくみ。飛び出すまで、勇気がいりますが(高所恐怖症にとってはね)やってみると、快適快適。
大人げなく「ひゃっほ~」と叫んでしまったのでした。


しかし、ご一緒したKディレクターは、「ここ、一番楽しみにしてたんです!」と大はりきり。
なんたって、トライアスロンやっちゃうような方ですから。普段から、鍛えてますから。おなかでてませんから。
ワタシは「もうこれで充分です~」と挑戦しませんでしたが、最高到達地点14メートルや、網へのダイブなんてハードなアトラクションも、楽々こなしておられました。

案の定、ワタクシ翌日、筋肉痛。
取材中にそう訴えるとスタッフは「見得張らないで下さいよ。本当は一日おかないとならないでしょ?」
い~え。見得ではありません。ちゃ~んと翌日。きましたよ~。

か弱い体にムチ打って、一体、どんな木登りをしてきたのか?
と思った方、中部地方にお住まいなら番組が観られますよ~。
と結局宣伝。

7月12日(日) 午後3時から午後4時25分まで
 「完全保存版 夏休みに絶対行きたい! これが三つ星ドライブコースだ!!」         
中京テレビ・山梨放送・静岡第一テレビ・テレビ金沢・テレビ新潟・北日本放送・福井放送・テレビ信州(中部ブロックネット)

大人のドライブには、ますだおかだの岡田圭右さんと田丸麻紀さん
ファミリードライブには ワッキーさんと天才演歌少女 さくらまや ちゃんが出かけてくれました。

ワタシの取材中は雨でしたが、ロケはとってもいい天気。滅多に観られない富士山の絶景も登場しますので、お楽しみに。
[PR]
by buchi128 | 2009-07-10 00:57 | 旅のツボ



今日も道端で出あった気になる猫と、きままなおしゃべり
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
黒猫 性格
from 無題
書評:『100万回生きた..
from 酒井徹の日々改善
えがおの鮫珠(さめだま)
from えがおの鮫珠(さめだま)
骨盤矯正ダイエットを始めよう
from 骨盤矯正ダイエット体操の効果
新潟 スポット 恋愛メー..
from 恋愛商材 徹底研究レポ
あの人からのメッセージ
from 常習女
ナンだろサーチ/おかしい..
from 徹底サーチ
小学館 DIME2008..
from はがきによる懸賞情報
ひとことクイズ
from ひとことクイズ
にゃんこ道場
from にゃんこ道場
ライフログ
検索
タグ
(64)
(54)
(37)
(28)
(19)
(17)
(16)
(16)
(11)
(9)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧