つれづれ猫日記

<   2007年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

牡丹灯篭の夏

a0085246_225317.jpg8月17日 「志の輔落語in下北沢」
 『牡丹灯篭』というと、お露、新之介のカランコロンの幽霊談があまりにも有名だが、実はそれはほんの一部。何代にもわたる、運命の糸に操られた人間たちのどろどろにして壮大なドラマがあったのだ。ということを、何とでっかいパネルに数十人の登場人物の相関図を説明しながら完成させる志の輔さん。「そのあたりのことに、ガッテン」したのち、中入り後、主なエピソードを残しつつ牡丹灯篭をざっとダイジェストで語るという試み。
ライブとしては面白く、もちろん出色の出来なのだが、やはり走った感は否めない。数夜に渡って連続して聴くってことができればもっとじっくり盛り上がったのかも…。

9月11日 「志の輔落語 ひとり大劇場」
いつも、落語らしからぬ演出で観客をあっといわせる「志の輔らくご」。しかし、今回ばかりは大きな仕掛けなし。(ちょっと面白い演出はありましたが…)1600人の大劇場に座布団の上、たった一人で挑む姿はまるで侍のようだった。
「演ずるのは今回、最初で最後でしょう」と言っていた『政談 月の鏡』(円朝作)。「落語にはサスペンスは似合わない。あまりにも場面転換が多すぎるもの、主役が途中でてこないものは実につまらなく感じられる」といいつつも、あそこまで、鮮やかに演じられるとは! 今回限りといわず。ぜひまた聴きたい一作になった。『バールのようなもの』『八五郎出世』『政談 月の鏡』

9月20日 「柳家小三治独演会」

近所のご隠居さんのところへ遊びに行って、面白い話を聞いているうちに縁側で猫とついうたた寝。あれ?と目が覚めたときも、ご隠居はニコニコと話をつづけていた。なんて感じ。決して言い訳じゃないぞ。前から4列目真ん中の席だってのに、何とまくらの途中で(小三治さんのまくらが長いのは有名)うかつにも寝てしまったワタシ。すごく面白かったんだけどね。なんだかものすご~く、心地よくて。見えてたかなあ。見えただろうなあ…。
『こんにゃく問答』『一眼国』。

a0085246_2255461.jpg9月29日 「志の輔らくご vol.20」
落語倶楽部状態の友人たちとの定例会にも(?)なっているアートピアホールでの志の輔さんにいそいそ。昼、夜二回公演だったため、少々お疲れ気味だったよう。みんなで心配する。しかし、昼夜連続で聴いているお客さんがいたとか。この夏は「志の輔三昧」だったと思ったが
…これは負けましたな~。『バールのようなもの』『ねずみ』。

9月30日 「喬太郎のラクゴ新世界 scene7」
市内の居酒屋での喬太郎さんの独演会。『諜報員メアリー』『牡丹灯篭~おみね殺し~』百両に眼がくらみ、新三郎の家のお札をはがしてしまう夫婦、おみねと伴蔵のその後が、この話。以前、同じこの会で「お札はがし」を聴いた。喬太郎さんの牡丹灯篭、おみねが中々色っぽい。伴蔵の豹変振りも鬼気迫るものがある。

奇しくもこの夏は『牡丹灯篭』に始まり、
『牡丹灯篭』に終わった
のだった。
[PR]
by buchi128 | 2007-09-30 23:55 | 落語のツボ

栗きんとん

a0085246_21372727.jpgというと、大抵の人はお正月のおせちのあの栗きんとんを思い浮かべるそうだが、何てったってワタシはこれ。蒸した栗を裏ごしして砂糖をあわせ、茶巾にきゅっとしぼったこのお菓子。
この黄色い姿(写真がちょっと悪くてすんません)が名古屋市内のデパートに並び始めると、
秋だなあ」と胸がきゅんとする。
大好物なのだ。

今日、発祥の地だという岐阜、中津川へ取材にでかけた。
周辺には何と50以上も和菓子屋があり、各店味が違うという。
お話をききつつ、2個いただく。
土産に4個購入。帰って早速1個ぱくり。
通算一日3個。あきれられた。


a0085246_21375260.jpg実は、ワタシ、この栗きんとんを日本酒の友にするのも好き。
そう告白すると、あきれるのを通り越して「変だ」といわれた。

そうかなあ…。誰か賛同してくれないかなあ…。
[PR]
by buchi128 | 2007-09-19 21:22 | おいしいのツボ

三重苦

いつも、「今」をあがいてきた。
もちろん、「今」もあがきつづけている。

ワタシはテレビやラジオの台本を書いて、身過ぎ世過ぎをしているしがない女子(!)ではあるが、なぜ、「今」こうしているのか? しみじみ考えなければいけなくなった。

a0085246_19255079.jpg先月、インタビューを受けたのだ。
人気サイト「ほぼ日刊イトイ新聞」で、「おとなの小論文教室。」を連載している山田ズーニーさんのネット上のラジオ番組「おとなの進路教室」のゲストによばれちゃったのである。テーマは「フリーランスという生き方」。大層なことになった。4週にもわたって、配信するという。そんなにワタシの話が役にたつとは思えない…。と恐縮していたのだが…。


a0085246_1926153.jpgズーニーさんいわくワタシは「三重苦」なんだそうである。
こんな仕事をしているのに
①地方に住んでいて
②女子で 
③フリーランス。

どう考えたって、まともな人が選ぶ道ではないのである。
なぜ、それでも書くことを続けているのか? そのあたりが役にたつ(かも?しれない)らしい。

…にもかかわらず。だ。
「モットーは何ですか?」と聞かれても、これといったものもなく。
「どうしてフリーランスを選んだのか?」と尋ねられても、「勢いで」と応える始末。
おまけに、まだ麗しき?乙女だったAD時代に、ラブホテルのロケに同行して,翌日知恵熱を出したとか、台本書くのは「いかにおいしい大根をつくるか」に似ていて、種をまかないときも畑を耕すのが大変だとか、なんとか、ワケのわかんないことばかりに脱線して、大いに迷惑をかけてしまった。いかにこれまで、自分がいきあたりばったりの人生を歩んできたかを痛感。それを「選んできたんですね」とまとめてくれるズーニーさん。ありがとう。さすがはコミュニケーションインストラクターである。マイクを前に反省しきり。かなり落ち込んだ。

a0085246_19264637.jpgしかし、ただひとつ、自覚したことがある。
やっぱりワタシは、フリーランスに向いている。
なぜなら、この落ち込みを1日寝ると、すっかり忘れてしまっていることである。
悩みを明日にもちこさない。これは、結構ツボかも。

*写真は、瀬戸の招き猫。古いタイプのもののレプリカ。先日の日記でコメントを残して下さったホンスミさまへ。これ、かわいいでしょう?
[PR]
by buchi128 | 2007-09-06 18:54 | ねこのツボ



今日も道端で出あった気になる猫と、きままなおしゃべり
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
黒猫 性格
from 無題
書評:『100万回生きた..
from 酒井徹の日々改善
えがおの鮫珠(さめだま)
from えがおの鮫珠(さめだま)
骨盤矯正ダイエットを始めよう
from 骨盤矯正ダイエット体操の効果
新潟 スポット 恋愛メー..
from 恋愛商材 徹底研究レポ
あの人からのメッセージ
from 常習女
ナンだろサーチ/おかしい..
from 徹底サーチ
小学館 DIME2008..
from はがきによる懸賞情報
ひとことクイズ
from ひとことクイズ
にゃんこ道場
from にゃんこ道場
ライフログ
検索
タグ
(64)
(54)
(37)
(28)
(19)
(17)
(16)
(16)
(11)
(9)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧