つれづれ猫日記

<   2007年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

シロノワール・ミックス!

a0085246_1243737.jpgこんなものがあったとは!
以前、ブログにも書いた名古屋の名物スイーツ「シロノワール」の抹茶とバニラクリームのミックス版。発見場所は「甘味喫茶・おかげ庵」。あの「コメダ珈琲店」の甘味専門店だ。(写真でもお分かりのようにカップの「甘」の文字がふるってる)
何度か車で前を通っただけで、実は一度も入ったことがなかった。
「え~?ダメですよ!そんなことぢゃ」とあんこ型の巨体をふるわせて叫んだのは、M田ディレクター。甘いもの好きならここはおさえておくべきですよ、と打ち合わせ場所に即決。意外にもM田氏も甘党らしい。
ぜんざい、あんみつはもちろん、だんごやモチをコンロで焼きながら食べられるという、ワタシにとっては夢のような空間である。
メニューを見て、さらに感激。そう、シロノワールにバニラだけでなく、抹茶、さらにこの二つのミックスが存在したのだ。おまけに、ここでは、お皿が陶器。なんだか高級感も漂っているではないか。さっき、おまんじゅうを食べたのに、やはりここは食べずにはいられない。
先週、ちょっとした機械のトラブルがあって別件の取材が滞り、気分が落ち込み気味だったのだが、この甘味で一気にすっきり!甘いもの万歳!糖分(じゃなくて)当分、この店、足しげく通いそうだ。
[PR]
by buchi128 | 2007-04-23 23:40 | おいしいのツボ

ネコの名は

a0085246_229179.jpg時々通る美容院の前で、いつもみかける白黒の猫。
初対面からなつっこいので、何度かカメラに収まってもらっていた。
先日、その美容院のスタッフがなでているのに遭遇。
あら、飼い猫だったの?と思ったら、外ネコ(えさをあげて外で飼っているネコ)だという。
とってもおしゃれな美容院なので、さぞかしかっこいい名前がついていると期待したのだが、答えは…

a0085246_2301533.jpg「トメ」っていうんです
一体、どうして?誰が最初にキミのことを「トメ」ってよんだの?
[PR]
by buchi128 | 2007-04-11 23:21 | ねこのツボ

体重増の元凶

さて、北海道美味い物三昧。続編。
a0085246_2224237.jpg道東三湖めぐり。摩周湖から阿寒湖へ向かう道中で「摩周の豚丼」という看板が我々を招く。
北海道に到着してからず~っと呪文のように「ぶたどん」と唱えていたY田ディレクターは、すかさず飛びついた。目指す店は釧網線摩周駅前にあった。「ぽっぽ亭」。豚丼の本場は帯広なのだが、これが中々の味。Y田氏の執念に感謝。である。
a0085246_2231730.jpg阿寒湖畔では、「レストラン丸木舟」で「ポッチエ」というアイヌコタン伝統のおやつをいただく。じゃがいもを凍らせて、また解凍してというのを繰り返すと、甘味がぐっと増すのだそうだ。それをつぶして、おやきのようにやいてある。砂糖が一切使っていないとは信じられない。素朴な甘さがデザートにぴったりだ。と思いきや、Y田氏はここでも丼を注文「新コタン丼」エゾシカの丼である。鹿肉と行者ニンニク、店秘伝の醤油ベースのタレが三位一体となってあっというまに、Y田氏の胃袋におさまった。ブラックホールになっているのだろうか?とADさんと顔を見合わせる。
a0085246_2234042.jpg一方、ワタシがず~っと呪文を唱えていたのは「白プリン
北海道産の牛乳を使った最近何かと話題のスイーツ。これは食べずに帰れまい。
女満別空港の待ち時間、空港の売店で購入。意外にあっさりした口当たり。銘柄はいろいろあるので、できればもっと食べ比べてみたかった。残念。
さて、夜は札幌でオープン前から大評判というラーメン店へ取材かたがた訪れるはずだったのが、なんと5時で閉店。タクシーの運転手さんのおススメで、「てつや」の南7条店へ。驚くべき勢いでのびた「てつや」のスタートがこの店だったとか。1年に数えるほどしかラーメンを食べない私だが、コクのあるトンコツ味噌スープは「最後まで飲んじゃおうか」という気にさせるまろやかさ。チャーシューの香ばしさとジューシーさの具合も調度よい。
a0085246_2241623.jpg
「頑張れサッポロビール」といいつつ乾杯。更に「もうおなか一杯」といいつつ、ホテルの部屋でこっそりコンビニデザートを食べたことも告白しておこう。…とここまで書き出して、いかに食べ続けたかをようやく反省。
さあ、明日からダイエット、ダイエット。
[PR]
by buchi128 | 2007-04-10 01:42 | 旅のツボ

ショック

昨夜、体重計に乗って大ショック!
わが人生において、経験したことのない数字が目に飛び込んできたのだ!はっきり言おう。今、ワタシは人生最大に「DEBU」である。
a0085246_23191073.jpgああ、これも、オーストラリア、北海道と取材旅行が続いたせいなのか?
あまりに悔しいので、北海道で食べたものをここでみせびらかすことにする。
これは、札幌へ向かう電車の中で。空港に着いたとたん、ベタだと思ったが「カニいくら弁当」をセレクト。
a0085246_23344731.jpg

富良野にて「オムカレー」。3年ほど前から町おこしで開発されたいわゆる「ご当地グルメ」。野菜から卵、米まで富良野産にこだわり、他にも「旗をたてること」「ふらの牛乳をつけること」など「富良野オムカレー」を名乗るには6つの定義をクリアしなければならないそうだ。市内8軒の店で扱っている。ちなみにこれは「朝日のあたる家」というお店でいただいた。窓から見える十勝岳もおいしい味付け。地元の小学生が応援ソングを唄っているというので、早速駅前でCDを購入。ついでに「たい焼き」も購入。実はこっそり町のイラストマップでおいしい店があることを、すばやくチェックしていたのだ。ふふふ。「ハムたい」というハムとマヨネーズ入りの人気メニューがおススメだったが、あんこ好きとしてはやはり、シンプルなつぶあんでしめる。というわけで、富良野編はここまで。次回を待たれよ!
[PR]
by buchi128 | 2007-04-09 23:16 | 旅のツボ

摩周湖の霧

a0085246_19195590.jpgが、このカンヅメに入っている(ということになっている)。

それだけではない。しばらく握ってラベルの写真を手で温めると、霧に覆われた摩周湖がみるみる晴れてくる!というスグレモノである。
しかし、「ホントに霧が入ってるの?」などと、疑い、ユメユメあけることなかれ。
なぜなら「せっかく詰まっているロマンが逃げちゃうからね~」と売店のおばちゃん。

旅の思い出が増える粋なアイディア。210円なり。
140円で切手をはって、旅便りにすることもできるときき、先日の高座のお礼をしたため、歌之介師匠に一枚(じゃなくて)一缶送ることに。師匠、ここにはため息じゃなくて、ロマンがつまってるそうですよ~。
[PR]
by buchi128 | 2007-04-03 20:07 | 旅のツボ



今日も道端で出あった気になる猫と、きままなおしゃべり
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
黒猫 性格
from 無題
書評:『100万回生きた..
from 酒井徹の日々改善
えがおの鮫珠(さめだま)
from えがおの鮫珠(さめだま)
骨盤矯正ダイエットを始めよう
from 骨盤矯正ダイエット体操の効果
新潟 スポット 恋愛メー..
from 恋愛商材 徹底研究レポ
あの人からのメッセージ
from 常習女
ナンだろサーチ/おかしい..
from 徹底サーチ
小学館 DIME2008..
from はがきによる懸賞情報
ひとことクイズ
from ひとことクイズ
にゃんこ道場
from にゃんこ道場
ライフログ
検索
タグ
(64)
(54)
(37)
(28)
(19)
(17)
(16)
(16)
(11)
(9)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧