つれづれ猫日記

<   2007年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

シロノワール

a0085246_19143059.jpg…しまった。
免許の更新をするのを忘れていた。

午前中、ひと仕事すませ、午後、あわてて市内の運転免許試験場へ向かう。
しかし、昨日の誕生日で免許はきれているので、車に乗っていけない。……しまった。

地下鉄とバスを乗り継いで向かうことにする。
バスで隣の席に座った女の子たちが「免許ってどこで降りるんだっけ?」と話している。「この次、この次。前もそうだった」と自信たっぷりにブザーを押すので、思わずつられてワタシも後を追って降りた。
………しまった。一つ前のバス停だった。

結局、その子たちと「ギリギリになっちゃいますね~(受付は3時まで)」とか言いながら、坂道をえっちらおっちら上る。
何とか時間に間に合った。
係員に促されるまま、流れ作業のように免許更新の手続きをする。最後にはた、と気が付いた。
…………しまった。ノーメイクの上に、あせって走ってきたので、髪がぼさぼさだ。
「す、すみません、ここで髪をといてもいいですか?」
とあわてて鏡の前でなんとか髪だけをとかしつけ、眉だけ描く。
何のために、先週美容院へ行ったのだ!
ゴールド免許のワタシ、5年間もこの情けない顔写真が免許証を飾ることになろうとは…。

それでも、ようやく免許無事更新。ほっとしたせいか、甘いものが食べたくなった。試験場の目の前に「コメダ珈琲店」。「シロノワール」だ。やっぱり。名古屋人には、すっかりおなじみ。サバランの生地のようなふわふわあったかパンに、冷たいソフトクリームがたっぷりのった名物スイーツ。さらに、この上からシロップをかけていただくのだから、ダイエットという言葉は、これを食する時には、抹殺しなければならない代物である。フルサイズのものは、直径およそ15センチ。ここは、控えめにミニサイズをオーダーすることに。しかし。
「お客様、本日、ミニは売り切れました」
いまさら言われても、頭の中はシロノワールで一杯になっている。ええい!しようがない、フルサイズで頼んじゃえ。

「まあいいや。帰りは時間もあるし、駅まで歩いてカロリーを消費しよう!」
と歩き出したものの、すぐにひよる。
「やっぱり、バスに乗ろう」
慣れない路線に乗ったためだろうか。
ついうとうとしていたら、気が付くと降りるバス停をすっかりすぎていた。
……………しまった。

慌てて降り、家路に向かう。
こんなことしてるから、帰ったらすっかり日暮れ。
ベランダを見て、あわてる。
………………しまった。布団を干していったことを忘れていた。
[PR]
by buchi128 | 2007-01-29 19:16 | おいしいのツボ

もうすぐ

a0085246_2531238.jpg誕生日なので。と母がマンションを訪ねてくれる。お土産に、自家製大根のべったら漬け。お正月にワタシが「作ろうかなあ」と言ったものだ。電車の中で臭くて怪しまれないよう、すごく気を遣ったと熱く語る。
お昼。近くのうどんやさんへ。道すがら、いい機会なので、お向かいさんに母を紹介。(というより母にお向かいさんを紹介。かあ)初の2ショットのためか、かたまったまま階段から降りてこない。が、興味津々の表情。おいおい仲良しになってもらうことにしよう。

a0085246_3522179.jpg海老の天ぷらが丼から飛び出さんばかり。天ぷらうどんに、母も大満足。ワタシは「野菜おろしうどん」をいただく。夕方からのワイン講座。あまりおなかがすいていると、ただの酔っ払いになってしまうのだ。

a0085246_3471311.jpgワイン講座参加は久しぶり。すっごくはりきって、余裕をもってでかけたのに、地下鉄の駅を目前にして、財布を忘れたことに気づく。あわてて、Uターン。
結局こういう運命なのだ。
お向かいさんが「あれ?もう帰ってきたの?」と階段から降りてくる。
「財布忘れちゃって」と携帯でパチリとやるワタシ。
「こんな写真とってる暇があれば、もっと急げば?」と言われたような気が…。
[PR]
by buchi128 | 2007-01-27 02:44 | いぬのツボ

これがあの…

a0085246_22244747.jpg蹴鞠」の「」。実物を初めて見た。鹿の皮を馬の革で縫い合わせてある。手にとってそのあまりの軽さに驚いた。「中には米や大麦を入れるんです」と取材で訪れた「いつきのみや歴史体験館」の学芸員さんが教えてくれる。
さらに驚いたのが、蹴鞠をする場所。
何と、どこでも勝手にしてもいいわけではなく、ちゃ~んと「鞠場(まりば)」とよばれるいわゆる「コート」が決まっているのだそうだ。おまけに、東西南北に松・柳・楓・桜の木を植えないといけないのだとか。

a0085246_2228343.jpg「正式には8人でやります」とさらに学芸員さん。知らなかった。古典の授業で登場した「蹴鞠」にこんなルールがあったとは。ただ、サッカーのリフティングみたいにぽんぽんみんなで蹴るだけなのだとばかり思っていた。こんなに決まりに縛られていると、ちょっと窮屈かしらと思ったら。
落とした人がだめだめなのじゃなく、8人力をあわせてできるだけ落とさないよう楽しく遊ぶ。のが目標だとのこと。「勝ち負けはありません」と聞いて、ちょっとうれしくなった。あくまでも皆で仲良く。根っからの農耕民族なのだな。ワタシは。
[PR]
by buchi128 | 2007-01-23 17:30 | 旅のツボ

いのち

a0085246_4434433.jpg毎年日本漢字能力検定協会が決める「その年の世相を表す漢字」。
昨年は「命」だった。
ちなみにこの「命」。
部首は一体何なのだろう?と気になって漢和辞典をひっぱりだしてみた。
何と「口」。意外だった。ふう~ん。「命」という漢字は、「口」と「令」で出来ているのか。かの白川静氏の『常用字解』によれば、「令」は「深い儀礼用の帽子をかぶり、ひざまづいて神のお告げを受ける人の形」で、「口」は神への祈りの文を入れる器の形を表しているのだそうだ。つまり、「命」は神さまに祈りをささげて与えられるお告げやいいつけなのである。
確かに「命」は天からいただくもの。しかし、なんだかこの漢字の成り立ちだと、天からのトップダウン、生かすも殺すも天次第!な抗いがたい気分。「命令」という熟語がちらついてちょっと悔しい思いもある。

a0085246_4423274.jpgそこでさらに辞書をさぐっていると「人」という部首を見つけた。「ひとがしら・ひとやね」と呼ぶのだそうで、「会」や「今」などはこれになるようだ。
天から与えられた「命」ではあるけれど、それを守り、育てるのは、やはり「人」。この「ひとやね」、なんだか人が両手を大きくひろげたように見えなくもない。「命」はそんな人の手が、温かく包み、守るものであってほしい。

さて、今年は一体どんな漢字が選ばれるのだろうか…。
[PR]
by buchi128 | 2007-01-18 04:44

今年こそ

a0085246_45252.jpgと、これまで何回思ったことだろう。
小学生の時「今年の抱負」なんて書初めや作文を書かされたのが、癖になっているのかもしれぬ。
計画を立てるのは好きなのだが、その通りになったためしがない。
ちなみに、今年のそんな「今年こそ」のひとつが…
「ブログもはじめたことだし、なるべく頑張って更新しよう!」だった。
「今日は一体何日なんだ?」
もう、すでに実行できていない。
ああ、本当に懲りないワタシ…。

久しぶりにお向かいさん(犬)との逢瀬。
実は昨年末以来、ずっと姿が見えずに心配していたのだ。
なんとなく、引き裂かれた恋人同士の気分だったが、ようやく今日、今年初めて階段で姿発見。シッポをふって挨拶してくれた。とはいえ、今だに名前さえ知らない同士。
「今年こそ、お互い名乗り合おうね」
[PR]
by buchi128 | 2007-01-09 02:28 | いぬのツボ



今日も道端で出あった気になる猫と、きままなおしゃべり
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
黒猫 性格
from 無題
書評:『100万回生きた..
from 酒井徹の日々改善
えがおの鮫珠(さめだま)
from えがおの鮫珠(さめだま)
骨盤矯正ダイエットを始めよう
from 骨盤矯正ダイエット体操の効果
新潟 スポット 恋愛メー..
from 恋愛商材 徹底研究レポ
あの人からのメッセージ
from 常習女
ナンだろサーチ/おかしい..
from 徹底サーチ
小学館 DIME2008..
from はがきによる懸賞情報
ひとことクイズ
from ひとことクイズ
にゃんこ道場
from にゃんこ道場
ライフログ
検索
タグ
(64)
(54)
(37)
(28)
(19)
(17)
(16)
(16)
(11)
(9)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧