「ほっ」と。キャンペーン

つれづれ猫日記

<   2006年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

お帰りなさい

a0085246_1275324.jpg山陽さん。1年間のイタリア留学を終え、帰国後最初の独演会は何と名古屋TOKUZO
当然、聴きにいきましたとも! この日のゲスト三味線王子(我々が勝手に呼んでいる)こと上野茂都さんの肩の力のぬけた唄とは絶妙のバランス。イタリアで山陽さんは上野さんの唄を口ずさんでいたらしい。(写真は、山陽さん。上野さんとアナウンサーの山崎聡子さん。つい勢いで撮ってしまった)
山陽さんを初めて聴いたのは、坂東妻三郎映画の活弁。その年、TOKUZOで講談を聴き、その気持ちのいい語り口とユニークな作風で、すっかりファンになった。昨年、FM愛知の特番を依頼された時、真っ先に頭に浮かんだのは「ぜ~ったい。山陽さんにナレーションをお願いしよう!」ということだった。折りしも万博で浮かれていた名古屋。しかし、名古屋城の金シャチがこれにあわせて地上に降りたとなると「万博行く前に、金シャチにさわっとかなあかんて~(触っておかないとだめでしょうという名古屋弁です)」という名古屋人が不思議でおもしろくて。
「名古屋人はどうしてこんなに金シャチが好きなのか?」をものすご~く真正面から検証することにしちゃったのである。あの大須演芸場をドラマの舞台に、自衛隊からヘレニズム文化まで。金シャチの神話と文化を守るのは世界広しといえども名古屋人だけなのだと、国際日本文化研究センターの教授が豪語するという、これだけじゃ何がなんだかわかんないでしょうが、それを神田山陽のいきのいい講談がナビゲートする、という番組ができあがった。
a0085246_1222041.jpgあまりのばかばかしさががウケたのか、平成17年度の民放祭のエンターテインメント部門で優秀賞をいただいた。「ありがとうございます」と山陽さんにお礼をいう間もなく、山陽さんはイタリアへ出発。その後、さらにこの年から始まった放送文化大賞にもノミネートされるといううれしい知らせ。…が、山陽さんに届くわけもなく、お祝いは日本で去年とっくに…。
帰国した山陽さんに、ようやく今回報告でき、うれしい限り。改めて、ありがとうございました。山陽さんなくしては、実現しなかった番組。さらにおまけで、横浜の放送ライブラリーに保存されることになり、スタッフ一同(といってもたった4人だけど)大喜び。こういう放送番組って、小説などと違い、放送されて半年後には消える運命なのだから。
しかし、山陽さんたち講談師は、今、まさに目の前にいるお客さんとの空間の共有が日々。消えることなんてもろともせず、いつだってそのとき、その瞬間の違う感動を残してくれる。イタリアでの1年間を経て、これからどんな変態(もとい)変貌を遂げるのか楽しみ。
この日、途中までやった新作。(後半はクリスマスも近いし?「ねずみ小僧外伝」に変更)早く続きが聴きたいぞ~!
[PR]
by buchi128 | 2006-12-20 22:30 | 落語のツボ

また富山へ行きたくなったワケ

a0085246_0122371.jpg昨日は、栄アートピアホールにて「志の輔らくごvol。16」。
16回のうち、多分10回以上足を運んでいるだろうか。
最初は友人を誘ってこっそり二人ででかけていたのだが、友人のご主人がふえ、妹さんが増え、仕事仲間が増え…といつの間にか、恒例の「落語倶楽部」状態になっている。
倶楽部仲間には、日大落研出身という、半プロのおじさままでおり、落語のあとの飲んでしゃべってが、また楽しいのである。(今回は、何とご本人が落語家として某席にお声がかかったため、欠席。残念でした)

演目は「三方一両損」「新版宗珉の滝」。もちろん面白かったのだが、それ以上におなかを抱えたのは、志の輔さんが富山空港のうどんやで出逢った二人の男性の「シンジラレナ~イ」エピソード。(ネタばれになるので詳細は書きませんが…)
「落語を聞きに来るってことは、本来は、変わりばえのしない日常から離れて、非日常を味わいに、笑いに来るはずなのに、今は、そっち(日常)のほうが、よっぽど普通じゃないことが起こる」とは志の輔さんの弁。

はっきり言って「非常識」「不思議系」の二人なのだが、そこは志の輔さんの話術のすばらしさ。ユーモアというラッピングが効いて、おちゃめで腹の立たないエピソードに早や変わり。富山空港二階のうどんやへ行きたくてしょうがなくなった。


今日、担当している旅番組のラインナップ案をまとめたのだが、
ついつい富山を入れてしまったのは、間違いなく、このせいだ。と思う。
[PR]
by buchi128 | 2006-12-12 23:46 | 落語のツボ

左手のくすりゆび…

a0085246_1773097.jpgダイヤモンドでも「キラリ」とさせたいところに、何故、こんなひっかきキズが?

…ううう…猫に蹴られたのである

昨日、正月の特番のロケに同行。ナビゲーターである河村隆一さんとゲストの日比野克彦さんの対談があったため。
強行ロケにも拘わらず、天気も内容も順調。岐阜のとある寺で、ラストカットも無事終了。「ほっ」と胸をなでおろしていた時だった…。

「ニャ~ニャ~」と声が!
当然、ワタシは敏感に反応した。
よ~く見れば、仏像の陰に三毛猫!

ちちち…とおびき寄せる。
しばらく警戒していたが、すぐにのどを鳴らして、足にすりすりするところまで近寄ってきた。
ふふふ。これくらいのノラ猫、ナツカセルのは朝飯前。しめしめ…。
先日、ブログ用にとデジカメを購入したばかり。これは猫写真の絶好のチャンス!とばかりカメラを構える。
「う~ん。でももう少し、背景が…」と欲をだしたのがいけなかった。

ノラ三毛を抱っこして、よき背景へと移動させようともくろんだ途端。

うんぎゃ~~~~~~お!
思いっきり 後ろ足で、猫キ~~~ック!!
ワタシの左手小指から薬指にかけて、見事な爪あとが…。
当然、血は出るわ、写真は結局撮れないわ。でヒサンな結果と相成った。
ああ~。ノラ猫パワーを油断しておった。反省。である。
しょうがないので、携帯で、キズをパチリ。

撮影が終わったあと、河村さんに「ありがとう」と握手をされた右手と、
この哀しきキズを負った、左手。二つの手の運命はこの日、見事に二分されたのだった。

でも、それでもやっぱり…猫は好き。
[PR]
by buchi128 | 2006-12-06 16:51 | ねこのツボ



今日も道端で出あった気になる猫と、きままなおしゃべり
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
黒猫 性格
from 無題
書評:『100万回生きた..
from 酒井徹の日々改善
えがおの鮫珠(さめだま)
from えがおの鮫珠(さめだま)
骨盤矯正ダイエットを始めよう
from 骨盤矯正ダイエット体操の効果
新潟 スポット 恋愛メー..
from 恋愛商材 徹底研究レポ
あの人からのメッセージ
from 常習女
ナンだろサーチ/おかしい..
from 徹底サーチ
小学館 DIME2008..
from はがきによる懸賞情報
ひとことクイズ
from ひとことクイズ
にゃんこ道場
from にゃんこ道場
ライフログ
検索
タグ
(64)
(54)
(37)
(28)
(19)
(17)
(16)
(16)
(11)
(9)
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧