つれづれ猫日記

<   2006年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

明治座デビュー その1 (上もよんでね)

a0085246_3332912.jpga0085246_3334675.jpgところで、ワタクシ、この夏、もうひとつの明治座にもデビューした。
岐阜県、中津川市、旧加子母村にある「明治座」。今年の7月23日。十八代目中村勘三郎の襲名披露公演を見に出かけたのだ。全国各地に残る芝居小屋で、江戸時代の芝居見物の風情を楽しんでもらいたいという勘三郎の粋な試みだ。岐阜のこのあたりには、地歌舞伎の小屋が多い。緑の山を背景に、ひときわ目をひく古い建物。小屋への幟が役者を迎える拍手のようにはためいて、これだけでもうわくわくしてしまう。600人そこそこのキャパなのだが、「MY座布団」を抱えて、やってくるおばあちゃんや、多分ご近所さんなのだろう、まるで井戸端会議のようなにぎやかな一角もあったりと、すでに始まる前から、村中の人が芝居を楽しむ気風にあふれている。昼の部は『本朝廿四考』『身替座禅』。舞台も狭ければ、セットも簡素にしてあるが、花道はひたすら近く、役者の息づかいは、手にとるよう。まさに、役者と観客が一体になって芝居を作っているという充実感があった。昨年の東京歌舞伎座、名古屋の御園座ももちろんすばらしかったが、立派な劇場のムードもあってかどうしても、こちら側も「観せていただく」という姿勢になる。しかし、ここでは「一緒にとことん楽しんじゃおう!」という熱気が場内にむんむん。役者側もその中に、どん、と身を任せてくる。その駆け引きがまた、さらに芝居を盛り上げ、ひょっとしたら、このまま夜までやるつもりなんじゃないか。と思えるほど。カーテンコールもまるで、小劇場かという勢い。「歌舞伎」というと、実のところちょっと構えていたワタシ。ひょっとしたら、これが本当の歌舞伎デビューだったかもしれない。
[PR]
by buchi128 | 2006-10-29 20:30 | 落語のツボ

明治座デビュー その2(下も読んでね)

a0085246_3312528.jpg『明治座秋の落語まつり 風間杜夫の平成名人会』へ。「杜夫さまの落語は必見」と落語通の友人があまりにうっとりと話すので、ずっと気になっていたのだ。たい平・正蔵・昇太・小朝・木久蔵と豪華な布陣で聴きごたえたっぷり。東京まで、足を運んだ甲斐はある。(演目は左の写真をどうぞ。見辛くてスミマセン)

さて、お目当ての「杜夫さま」だが、小朝のロック三味線の後、花道からご登場。なるほど~「必見」とは納得である。噺家としてのお姿、実に麗しい。もちろん「名人」の皆様方に、噺はちょいと及ばないところはあるものの、(『粗忽長屋』に挑戦されました。充分うまいんですが、他が今おもしろい人ばっかりなので…)「噺家」として本当に画になるのだ。「落語家になるか、役者になるか」と悩んだほど子供の頃からの落語好きだそうで、今回も明治座から「秋に何かやってください」といわれ、「落語がやりたい」とワガママ(本人曰く)を申されたのだそうな。明治座は元来、お芝居の劇場。お客さんも、一見して「落語好き~」というスタイルの方から、「ブームらしいし、一度、落語もよろしいかしら」なんて観劇気分のご婦人まで、実にさまざま。中入りが30分もあって、食事の予約受け付けたりして、館内は、すっかり観劇モードだ。ロビーでふらふらしていたら、声をかける人が…。あららびっくり、Iさん!Iさんは、以前、何度も番組をご一緒した仲。現在は某キー局でドラマプロデューサーとしてすっかり偉くなっちゃった。(ロンドン取材中に仲良く荷物を盗られた大笑いな話を思い出したが、それはまた機会があれば、お話しましょう)。な~んだ。落語好きだったのかあ。ワタシも昔は落語好きを隠してたからなあ…と思いきや、「ボク、実は今日が落語デビューなんですよ」とのこと。ようやくギリギリでこの日のチケットがとれたのだそうだ。ワタシは、今日が明治座デビュー。いやあ~。ものすごく月並みな感想だけど「世の中って会う人にしか会わないんだなあ~」と思った日でもありました。
[PR]
by buchi128 | 2006-10-29 20:30 | 落語のツボ

坂道には猫がよく似合う

a0085246_21131775.jpg
金沢はとにかくが多い。この猫に出あった坂の名は「子来坂」。
a0085246_21194766.jpg

卯辰山が開拓された慶応年間。作業に出た住民たちが「子供たちがたくさん来るように」とにぎやかに上ったことから、名前がついた。と碑にかかれている。金沢は何度も来ているが、この坂の由来は初めて知った。警戒をとこうと、しばらく猫に話しかけていたら、屋根の下にも仲間がうじゃうじゃ集まってきた(残念ながらこちらは、携帯カメラの限界!で撮れず)。子来坂ならぬ「猫来坂」ってところ。地元の慣れた運転じゃないと、とても入れないような、すご~い坂道。ちなみに、かくれた金沢絶景ポイントがこの先にある。
[PR]
by buchi128 | 2006-10-25 20:57 | ねこのツボ

色白でナイスバディ でもとっても傷つきやすいの…

って、大根の話ですよ。大根。金沢で、加賀野菜のひとつ「源助大根」を取材した。一時絶滅の危機に瀕したものを復活させ、現在栽培農家はわずか10軒ほど、という貴重な野菜だ。見慣れている青首大根などより、葉っぱがやわらかくて黄緑色。
a0085246_23412499.jpg

ずんぐりと丸くって、持ちでがある。すいこまれそうな色白の肌美人。皮が薄く、非常に傷つきやすいので、一本ずつ手で洗うのだという。大根でも美人はやっぱり、手をかけてもらえるのね。うらやましい限りだ。早速、生でガブリ。甘さとジューシーさにびっくり!煮崩れしにくく、味がしみこみやすいので、金沢の冬の味、「ブリ大根」や「おでん」には欠かせないと農家の方が力説する。
a0085246_23415067.jpg

というわけで、夜はおススメの市内のおでんの老舗三幸へ。親子二代の味を愛するファンが、大雨の夜にも拘わらず、店内にぎっしり。賑わいを裏切らない、おいしさと安さだ。
a0085246_2342745.jpg

何とご主人は大のドラファン(地元では有名なのだそうだ)。おばさまがドラゴンズの寮母さんをなさっていたという。源助大根もモトはといえば、愛知県の『源助総太』という品種を改良して生まれたもの。前田の殿様の時代から、名古屋と金沢は何かとつながりがあるのだなあ~。

<源助大根その後>
一本家へいただいて帰ったので、早速イカと一緒に煮物を作りました。これが「激ウマ」!! 煮くずれもなく、味が本当に芯まで入って、何だか料理上手になった気分。
[PR]
by buchi128 | 2006-10-25 08:30 | 旅のツボ

犬の名はポチ子

a0085246_15341615.jpga0085246_15342666.jpg月曜日から北陸へ取材旅行。初日の金沢の夜は土砂降りのうえに雷。雨女の面目躍如(?)だ。富山湾では雷が鳴って海が荒れると、おいしいブリがとれるようになる。荒れた海は「ブリ起こし」とよばれるとか。おいしいブリの役にたっていると思えば、雨女も悪くない。そんなブリのメッカ、氷見でこんな犬に会った。名前は「ポチ子」。女の子だからだそうだ。千葉からご主人と一緒にワゴンに乗って旅の途中。「長旅になるとひとりでお留守番じゃかわいそうだから」と話すご主人は、笑顔のステキな初老のご婦人。家ではいつもドッグフードのポチ子も、旅先では、ご主人のおいしいおこぼれに預かることもあるそうな。
もうブリは味わったのかな?どうか、よき旅を。

[PR]
by buchi128 | 2006-10-24 15:35 | いぬのツボ

体肉移動説

a0085246_13485.jpg動いている…。確実に、動いている。それも、明らかに量を増やしてだ。地球の力ってすごい。
動いているのは、大陸ではない。ワタシの体の肉である。日ごろからの暴飲暴食と不摂生、運動不足がたたり、徐々に分量を増やし、重力のなすがまま、着実に下へ下へと移動しているのだ。あ~。こんなことではいけない。運動しなくては! と最近購入したのが「おなかウォーカー」というワコールの下着。「履いて歩くだけでおなかがへっこむ」と宣伝しているアレだ。地道に運動すりゃいいのに、面倒くさがりのため、すぐこういう夢にとびついてしまう。しかし、問題なのは歩く量だ。一日6000歩。週に5日は歩かなきゃいけないらしい。締め切りがあって一日家にこもりっきりの時、ためしに万歩計をつけてみたが、200歩しかカウントしてなかったぞ~。あ~。こんなことではいけない!と再び思い、散歩に出た。ご近所にはイヌネコだけでなく、何とこ~んな鴨が飼われていることも判明。「いや~。散歩っていろんな発見があるなあ」と歩く自分に大満足し、いい気分でコーヒーブレイクへ。「歩いたからいいでしょ」と黒糖ケーキも一緒に注文。これじゃあ、いつまでたっても肉は減らないワケだ。
おまけに、「おなかウォーカー」履くの忘れてたし…。
[PR]
by buchi128 | 2006-10-17 20:17

秋深し

a0085246_0263139.jpgお向かいは 何をする…。 ついこないだまで、くんくんしながらキンモクセイの香りを探して「そろそろ秋だあ…」としみじみしてたら、近頃は一歩外に出ただけで、キンモクセイのほうから一斉にどどんと押し寄せてくる。よ~く見たら、マンションの入り口でも、隣でもハス向かいでもキンモクセイが満開!のまさにキンモクセイ包囲網。
a0085246_031197.jpg
お向かいさんは、人間の100万倍以上も臭覚がいいのだそうだ。キンモクセイの香りにくらくらしたりするの?
キミにとって秋だなあと感じる香りは何?と尋ねてみたりする。
[PR]
by buchi128 | 2006-10-13 00:41 | いぬのツボ

ジャワからハワイへ

a0085246_167440.jpg十六夜の月の下、上野公園水上音楽堂で小島夕季さんのジャワ舞踏。セミオープンのホールのため、上野の蓮池を渡ってくる夜風が、ガムランの調べと虫の音を一緒に運んでくる。舞姫の姿は美しいの一言。極上の一夜。
公園で昼寝をしていたこの猫も、あの音色を聞いたかしらん。
翌日、BGMは一気にガムランからハワイアンへ。話題の映画「フラ・ガール」。ものすご~くベタな話なのに、ものすご~くパワフルなのは、やはり実話がモトになっているせいかも。「人生には一度あがったら降りられない舞台がある」。町を救うために踏ん張る女たちの姿に、涙腺の弱い私はハンカチ握りっぱなし。東北の炭鉱町にハワイを運んだフラの先生、70歳を越えた今も、現役で活躍中とか。すばらしき舞台に拍手。
[PR]
by buchi128 | 2006-10-09 15:45 | ねこのツボ

猫の手では振れないもの

a0085246_1334979.jpgそれは、水を入れた魔法瓶。
構成をさせていただいている
「でんじろう先生の日曜実験室ラブラボ!」(中京テレビ)
の次回のテーマは「電子レンジ」。マイクロ波が食品に含まれる水の分子を振動させて温度を上げるというのがまあ、大まかな電子レンジのしくみ。「だったら人間が振動させたって、沸騰するんぢゃないの?」
そんなおバカな人間電子レンジ実験に、たくさんの人におつきあいいただいた。水のはいった魔法瓶を1人2分ずつフリフリ。もちろんワタシもフリフリ。やってみてわかる。2分って結構大変なのね。ず~っと合間にふっていたADさんは、きっとネコの手も借りたかったはず。ゴメンね~。ウチの実家の猫の手はごらんの通りなのよ。魔法瓶ふりふりは、結局、トータル6時間半。果たして見事沸騰したかどうか?は番組を観てのお楽しみ。
[PR]
by buchi128 | 2006-10-07 01:21 | ねこのツボ

今日のお向かいさん

a0085246_4114720.jpg今日夕方、お向かいさんは、かなり階段の下のほうでくつろいでおられました。携帯のカメラを向けるとしっぽをふりながら見つめたその瞳が「ねえ。今からどこ行くの?」と問うているようで。ワタシは思わず「今池のTOKUZOってライブハウスに、清水宏さんと、モロ師岡さんのライブを観にいくの~」と答えると「それって面白いの?」とお向かいさんはさらに足をばたつかせます。連れて行ってあげるわけにも行かず、残念。目じりから涙があふれるほど、面白かった。と明日の朝、報告してあげようと思います。
[PR]
by buchi128 | 2006-10-05 04:24 | いぬのツボ



今日も道端で出あった気になる猫と、きままなおしゃべり
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
黒猫 性格
from 無題
書評:『100万回生きた..
from 酒井徹の日々改善
えがおの鮫珠(さめだま)
from えがおの鮫珠(さめだま)
骨盤矯正ダイエットを始めよう
from 骨盤矯正ダイエット体操の効果
新潟 スポット 恋愛メー..
from 恋愛商材 徹底研究レポ
あの人からのメッセージ
from 常習女
ナンだろサーチ/おかしい..
from 徹底サーチ
小学館 DIME2008..
from はがきによる懸賞情報
ひとことクイズ
from ひとことクイズ
にゃんこ道場
from にゃんこ道場
ライフログ
検索
タグ
(64)
(54)
(37)
(28)
(19)
(17)
(16)
(16)
(11)
(9)
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧