つれづれ猫日記

カテゴリ:ねこのツボ( 60 )

見越し?の黒猫

a0085246_19324324.jpg
♪粋な黒塀

♪見越しの松に…

ぢゃなくて

見越しの「黒ネコ」。


ウチの飼い猫、すみくろ ぢゃありません。あしからず…。

a0085246_1933515.jpg
近所を散歩していてパチリ。

ひょっとして「お富さん」なんて名前…なワケないですね。はい。
ぐぐっと近寄って尋ねてみましたが、返事なし。
しかし、びくともしません。
なかなか肝が据わってます。

お富さんのような色っぽい女子ではなく、男子とみました。

おまけに…。

よ~く観ると。

ちょっと、より目。

え? 黒くてわかんない?
[PR]
by buchi128 | 2009-10-15 19:33 | ねこのツボ

家事自慢

ウチのすみくろは、とっても家事が大好き。


a0085246_17305933.jpg


掃除。



a0085246_17312437.jpg


洗濯。



a0085246_17315346.jpg


炊飯器の番。




家事全般
こなじゃま  します

[PR]
by buchi128 | 2009-10-02 17:34 | ねこのツボ

黒ネコの性格

十人寄れば、気は十色な~んて申しますが、
猫も例外ではないようで。

十匹寄れば、毛も十色。
でもって、
「猫は毛色によって性格が異なる」んだそうですな。
こんな調査をネットで発見。

ベネッセが飼い猫1000匹を対象に調査を実施

早速のぞいてみた。

a0085246_18461843.jpgわが家のすみくろは、
ご覧の通り「まっくろくろすけ」
この調査によると、
「猫にも人にもフレンドリー」。
フランスの研究者が「フレンドリーな性格ゆえ、都心に住んでいるノラ猫には黒猫が多い」と
言っているとか。
いきなりフランスかい…。
とつっこみ入れたくなりましたが…。
ま、いいか。
なんとなく、フランスの町に黒猫って画になりそうだし…。

ま、とにもかくにも、
パリの街角…ぢゃなくって、新栄の街角で、ノラ暮らし。
フレンドリーな性格ゆえ、さっさとワタクシに拾われた、すみくろ。
まさに、どんぴしゃではありますな。

しかし、黒猫…フレンドリーだが、よく噛む。とまではならないようで。
ガブリエルな性格は、特殊なのかしらん。
毛の色は関係ないのかしら?

みなさ~ん。お宅の猫はいかが?
[PR]
by buchi128 | 2009-08-02 04:59 | ねこのツボ

妖怪ネコケダマ

それは、知らないうちに家の中に巣くい、
機械の中へと滑り込んで、
じっとその時を待つ。
仲間を呼びよせ、かたまり、やがて…
潜んだ機械の息の根を静かに止めるという…。


ぎゃ~~~~~。

出たな~? 妖怪ネコケダマ~!!!!
a0085246_23391347.jpg


先月初め、プリンターが突如壊れ、一斉送信したメールが不思議な現象を起こした。
かなりプレッシャーのある仕事が重なっていた折りの、いきなりの故障。
「よりにもよってど~して今なのよぉ~!!!!」
締め切りが重なって、部屋の中は資料や紙の山。その間をすみくろがどどど~っと走っているかなりの修羅場。こんなところに修理のおじさんを上げるなんてもう、恥ずかしすぎるっ!
と思っていたら、ちゃんと宅配便で代替え機が送られて来、そのハコに修理して欲しいプリンターを入れて送れば、分解修理してくれるとのこと。なんていまどきって便利なの。と感激。

と、まあ修理ほうほうはさておいて。
このたてつづけの機械の不調を友人のYさんに話したところ、
「それ、猫の毛のシワザかも…」と意外な答えが返ってきた。
彼女の家でも猫を飼っており、精密機械の具合が悪くなって修理に出したら原因は「猫の毛」だったというのだ。
さらにメーカーの人に、
「パソコンの中から時々、大量の猫の毛がうわ~って出てきたりするんですよ~。ふふふ」
ってメーカーの人に脅されたとのこと。


それ、だったのかもしれない。

一週間もしないうちに、修理に出したプリンターが返ってきた。
具体的に、報告書に猫の毛の話は書いてなかったが、さまざまな箇所に不具合がみられたとのこと。
インクもれやら、エンジンユニットのトラブルやら。これらの根本原因はひょっとしたら、猫の毛かも…。


a0085246_2339307.jpg


しかし、今も妖怪ネコケダマは、飼い猫「すみくろ」の体を借りて、機械へと忍び込むときをじっと待っている。
だって、早速、もう、プリンターの上に寝て、動かないんだもん(涙)

※プリンターの上ですみくろが敷いているのは、段ボール箱を引っぺがしてつくった即席カバーです。
いないうちにいろいろボタンをおすんですよねえ。どうしてあんなにプリンター好きなんでしょう?
[PR]
by buchi128 | 2009-08-01 23:42 | ねこのツボ

ベランダ落ち

a0085246_48129.jpg先日、すみくろがベランダから…。

姿を消しました。

ちなみにわが家は、3階です。


やはり一度、突然、ベランダから姿を消したことがあり、
大慌てで外へ探しにいくと、頭の上のほうから「にゃ~」の声。

なんと、衛星放送用のアンテナを足場に、
上の階のベランダへ上がろうとしていたのでした。

今回もそれか? 

と上の階に声をかけてみましたが一向に声はしない。
かといって、下を覗いても姿が見えない。

え~~~~? どこへ消えたんだ?
落っこちたのか?

慌てて、外に出たのですが、なかなか探せない。
すると…。一階の植え込みの陰に二つの光る目。
まっくろくろすけのように、すすすす~と横移動いたします。


「すみくろ~」
「にゃにゃにゃ」
の声とともに、再び右へ、左へ、横移動。
どうやら、一緒に遊んでるつもりらしい。
しばらく、追いかけっこ。

a0085246_3492721.jpgようやく追い詰めて足をひっぱり、
抱っこして部屋に戻ったまでは
いいのですが、
少し歩いては、ぺたっと伏せてしまう。
「あれれ?」
よ~くみたら、何と!
後ろ足に怪我!!

わああああ。
足折れてないだろうな?



a0085246_484588.jpg
あわてて、動物病院に駆け込みました。

年末、年始と手術でお世話になったあの先生のところです。

すみくろ、病院の臭いを覚えているらしく、診察台で
総毛だって「しゃ~~~~~~~~」
先生ももちろん、覚えてらっしゃいます。
すみくろがものすごいがぶがぶガブリエルで、手を焼いたってことを。

しばらく動きを見たあとに、
「大丈夫。足は折れてないから。よかったね」
と、怪我の部分に化膿止めをぺたぺた塗ってくださいます。
「包帯するのもいいんだけど、この仔またがぶがぶするでしょ?」
はい。その通り。よ~くご存知で。
「そのまま、普通にナメときゃ治るような怪我だから、このまんまで大丈夫よ」
と相変わらず、過保護すぎないアドバイスがうれしい。

しかし、クスリを塗るときも「しっかり押さえててね~」と
いうだけで、先生は、すみくろを押さえつけないんですよね。
まあ、無理もないか。年始の抜糸で先生血だらけになったもの

そのかわり、といっちゃなんですが、ワタシがやられました。
すみくろに。最後にがぶっ!!!
右手の親指の下に赤~い跡がつきました。


先生「大丈夫?」とワタシの手を即、消毒。
こちらのほうが、なんだかとっても丁寧~だと思ったのは

気のせいなのだろうか…。
[PR]
by buchi128 | 2009-06-27 03:42 | ねこのツボ

何かいいことないか子猫チャン

「何かいいことあった?」

家を留守にしたとき、帰ってくるとまずこう聴くのだそうだ。
「普通は何か悪いことがなかったか? 大丈夫だったか?」
と聴くでしょ? ボクはそうじゃないの。 

「何かいいことあった?」って聴くようにしてるの。

とは、漫画家の故・横山隆一さん

今年は実は生誕100年にあたる。(何と松本清張と太宰治と同じ年!!)
アーカイブス番組を仕事でチェックしていてこんなインタビューがでてきた。

横山さんといえば、
サザエさんと並ぶ昭和の国民的人気漫画あのフクチャンの産みの親だ。

多才で多趣味。
カメラ好きで列車好き。部屋一面の鉄道模型コレクションは、
自作模型もとりまぜて驚くべき凝りようだった。
しかし、なんといっても今回取材していて一番驚いたのは、
1000点を超える珍コレクション。

日本縦断を徒歩でしたときの植村直己の足のタコ。
川端康成の胆石。
歴代警視総監の指紋。(これはいつも人に指紋を採らせているから。だそうな)
トキワ荘の壁は横山さんを尊敬する手塚治虫たちから証明書つき(!)で贈られている。

役にたたないけど、「面白い」から集める。
楽しいから真剣に遊ぶ。
この「遊び心」の徹底ぶりは天晴れである。

生き方上手とはこういう人をいうのだな。
と画面の中でいきいきと語り、笑う横山さんを見ながら思う。
おもしろいこと、わくわくすることをずっと探しつづけていた人だ。

「何かいいことあった?」

自由奔放でいたずら好き、
フクチャンそのままの人生を送った横山さんならではの、コメントである。
きっと自分が留守のあいだに、何かおもしろいことがあったらくやし~!(笑)
って思っていたんだろう。

この言葉、人にかけてもよし。かけられてもよし。
なんだか「ほどよく」(ここ大事)うきうきできる。

a0085246_124425.jpg
覚えておこう。
留守番してたすみくろにかけてみよう。

というわけで、
早速ためしてみた。

しかし…。

「にゃ~~~~~~~~~っ」(どこ行ってたの~~~~)
「がぶがぶがぶ(噛み付く音です)」(遊ぼ。遊ぼ。遊ぼ)攻撃であっけなく終了。

何日も実家に預けっぱなしで、
お江戸へでかけていて悪かったよ。すみくろ。
でもね。これもオマエさんのカリカリ代のため。
といいわけをするワタシである。

そんなこんなで。
すみくろに留守番をさせた番組。仕上がりました。
『蔵出し劇場 あの人からのメッセージ ~遊びをせむとや生まれけむ~』横山隆一さんと、グラフィックデザイナーの福田繁雄さんの組み合わせである。
「日本のエッシャー」とも称されたトリックアートの第一人者。
福田さんのメッセージからも、「遊び心」の大切さをひしひしと感じさせられ、このお二人を組み合わせて構成させていただくことにした。実は……意外なつながりもあるのである。(番組の中でのお楽しみ)

6月25日(木)18時~18時39分 の放送。NHKBS2 

遊び心の達人のお二人の生き方が少しでも伝わってくれるとうれしい。
[PR]
by buchi128 | 2009-06-10 11:55 | ねこのツボ

天国へのお引越し

最近いろんなニュースでもとりあげられていますが、「遺品整理」。
そこから透けて見える孤独死のドキュメントの構成をさせていただきました。(先日、遺品整理業がドラマにもなってましたね。奥田英二さん主演で。「それ、現実とちゃうちゃう」と突っ込みどころ満載でしたが…)

「天国へのお引越し~遺品が語る孤独死の現実~」
名古屋の中京テレビで、27日(水)26時55分~27時50分

放送します。すご~い時間ですが、よろしかったら夜更かしに、おつきあいください。

ここ数年、友人の思いがけなくも悔しい死にたてつづけに直面しました。
また、そのための覚悟ある準備に触れることもあり、
自らの「死」についても、改めて考えることが多くなりました。
一体、自分にどんな形で人生の幕引きがやってくるのか。
またその後のことを考えたことがあるのか…。
さすがに能天気なワタシも、さまざま思いを巡らすようになりました。
そんなとき、この「遺品整理」のドキュメントのお話があり、
「あんたもそういうテーマにかかわってもいいよ」
という許可をどこか遠い遠いところからいただいたような気分になりました。

「生きているうちに自分のことをちゃんとしておきたい」。
天国へと見送った友人は、病を宣告されたとき、そう言っていました。
今回、番組でも「生前予約」を考えている女性にお会いしました。
「誰にも迷惑をかけずに…」とおっしゃるのですが
「必ず迷惑をかけるものです」「かけていいんですよ」と遺品整理をする人はそう語りかけます。


年をとったら、物を整理して、身軽にするべきだ。という考え方もあると思います。

しかし、たまたま並行して手がけていた別の番組で、取材をさせていただいた漫画家の横山隆一さんは、大好きなものをずっと身近に集め、置いて、それらに囲まれて、それはそれはすばらしい晩年を過ごされました。身軽ばかりが良しというわけでもないのだと、その生き方を羨ましく感じたりもしたのです。

生きていくということは、いろんなものを身にくっつけていく日々なのかもしれません。
それを最後にどうするのか? どうしたいのか?

「納得する幕引きって何だろう?」
スタッフも何度も長い長い議論を続けました。
そして今も、悩みつづけています。
今回の番組づくりは、また
「生きる」ことを考えさせられる作業でもありました。


一人暮らしの部屋で締め切りに慌て、つい、足もとに散らかった資料を踏んで足をずるっとすべらしたりすると
「あ~。ここですっころんで、頭ぶってそのまま死んじゃったらカッコわるぅ~!」
と心配になることも1度や2度じゃございません。
家族がいるといっても、離れてくらしていれば、数日後に発見。
なんてこともありうるわけで…。
扉一枚で守られる空間は、また扉一枚で、人を拒絶する空間ともなるのです。
アホな飼い主に、えさをもらえず、餓死したすみくろと一緒に数日たってから発見。
なんてことになったらどうしよう…。

a0085246_453541.jpg

とりあえず、よろしくっ!  とすみくろにおこられそうです。
[PR]
by buchi128 | 2009-05-26 04:40 | ねこのツボ

初めてのハーネス

a0085246_1114393.jpg
注文していたハーネスが届いた。


a0085246_112876.jpg
なれるために、ベランダでつけてみる。

なんだか、ランドセルを背負った小学生みたいだ。


a0085246_1125597.jpg
あんなことや。

a0085246_1133683.jpg

こんなこともしてみたが…。


a0085246_1142051.jpg

「颯爽とおさんぽ」への道は遠い…ような気がする。
[PR]
by buchi128 | 2009-04-28 01:08 | ねこのツボ

春眠を阻むのは…

朝。
うつらうつらとまだまどろんでいる、私の耳元にかすかな吐息。
その気配に薄目をあけるワタシ。
「う~ん。もう少し…眠い…」
すると、
そ~っと、手をのばして、ワタシのほおにふれてくるんです。
そして…

いきなり……がぶっ!

a0085246_06942.jpgそう。すみくろです。

ごろごろ言ってるんです。のどを鳴らしてるんです。
でも「がぶっ!」なんですよ!
ここは普通、ぺろっとなめてからじゃないんですかねえ。

とにかくよく噛むんです。
噛んで、噛んで、ワタクシ悲鳴をあげてます。

抱っこして顔を近づけようものなら、ごろごろ言って…あごをがぶっ。
先日など、赤い二つの点々が、あごにくっきり。
女優じゃないけど「顔はやめてね!」と叫びたくなりました。

手や足はもちろんです。
絶好の「噛む」対象です。
鼻をすりすりしながら、すぐ手を噛んできます。
台所にたっているとき、遊んで欲しいのに無視してると、足にがぶり。

本人は、遊んでいるつもりらしいです。
時々、隠れて待ち伏せしていて(見え見えなんですけどね)しがみつき、足から離れません。
スリッパを噛みながらモップとなって部屋中をひきまわされても、とってもうれしそうです。


多分「あまがみ」のつもりなんでしょうが、これが度を越すのでホントに痛い!
私の手は、引っかき傷ではなく(ほとんどひっかかないんですよこれが)歯型で血のあとがあちこちについております(涙)

噛む対象は、私だけではありません。
FAXに異常に反応するすみくろは(これはまた書きます)FAXでおくられて来た紙をがじがじ。まるでねずみがかじった跡みたいになってます。最近はパソコンに敵意を持っているようで(これに向かうと遊んでもらえないから)画面の端をがぶがぶ、やってます。

どうしたら噛まれないようにできるのでしょうか~。
猫飼い歴70有余年の母をして「こんな猫初めて」といわしめた噛みクセ。
どうやったら治るのでしょう?
だれか教えてください~。
[PR]
by buchi128 | 2009-04-10 23:53 | ねこのツボ

花より団子より

a0085246_196175.jpg
「外」の風。

朝。
すみくろは起きるとまず、ごはんより何より、
窓をあけろ~。ベランダへ出せ~。と叫びます。

時々、
ひゅう~~~~~~と聞いたこともないような声をあげます。
遠くの屋根に鳩をみつけて、しっぽをぶんぶんふりまわして興奮してます。

すみくろに、
桜の匂いは届いているのでしょうか。
今年は花の時期がちょっと長めでうれしい限り。


a0085246_1962277.jpg実は…すみくろ用に桜色のハーネスを注文しました。
自由に出入りさせてあげられないのがずっと気になっていたのです。
今まで、実家のネコたちは外と家とを自由に出入りしてましたからね。

すみくろと、花見にでかけてみようかな…。
[PR]
by buchi128 | 2009-04-01 19:03 | ねこのツボ



今日も道端で出あった気になる猫と、きままなおしゃべり
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
黒猫 性格
from 無題
書評:『100万回生きた..
from 酒井徹の日々改善
えがおの鮫珠(さめだま)
from えがおの鮫珠(さめだま)
骨盤矯正ダイエットを始めよう
from 骨盤矯正ダイエット体操の効果
新潟 スポット 恋愛メー..
from 恋愛商材 徹底研究レポ
あの人からのメッセージ
from 常習女
ナンだろサーチ/おかしい..
from 徹底サーチ
小学館 DIME2008..
from はがきによる懸賞情報
ひとことクイズ
from ひとことクイズ
にゃんこ道場
from にゃんこ道場
ライフログ
検索
タグ
(64)
(54)
(37)
(28)
(19)
(17)
(16)
(16)
(11)
(9)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧