つれづれ猫日記

8・6 in 広島

a0085246_15445043.jpg

前日訪れた、袋町小学校平和資料館。
64年前の8月6日。今も残るこの小学校の校庭から一瞬にして百数十名の子供たちが消えた。
平和資料館として、建物を残すことになり、校庭を数メートルも掘って調査しても、遺骨は一切見つからなかったという。爆心地に近いこの校庭は、3000度近い熱射をあびたはずだと、解説をうけた。
わずかに残った建物の壁には、子供たちの安否を尋ねる家族のメモ、
真っ先にかけつけたのであろう教師たちの丁寧な伝言。
何もかもが、悔しく、空しい。

隣の建物で、友人の自主映画を観る。
狂夏の烙印~在韓被爆者になった日から~
原爆の被害者は、日本人だけではない。友人は広島に住むようになって、在韓被爆者たちのドキュメンタリーをコツコツとりためている。第二作にあたる今作は、在韓被爆者の帰国後の暮らしぶりをまとめた証言集だ。被爆はもちろんだが、戦争という負の思い出を語りたくない、という方は今も大勢いらっしゃる。真摯な苦悩をカメラにむかって語ってくださるその信頼関係を作った友人の姿勢と努力に頭が下がる。


8月6日。

a0085246_15472048.jpg

ホテルの窓から、原爆ドームが見える。
朝早くから平和公園に集まっている人の波。

原爆慰霊祭に友人と一緒に参列する。

a0085246_15481367.jpg


8時15分、黙祷。

a0085246_1549862.jpg
ジンジンと耳の奥に響くセミの声が、どんどん小さくなって、否応なしに64年前の哀しみに連れて行かれた。
前日に訪れた袋町小学校の子供たちのその時を思った。
土地の記憶がそうさせるのか。
集った人々の思いがそうさせるのか。


「唯一の被爆国日本」という、教科書どおりの表現がある。
しかし、それは、もっと精査されるべき表現なのではないか?
韓国はもちろんだが、日本で被爆した多くの外国人が存在し、その影響がどこまでに至るのか?という不安と恐怖は、確実に次世代、さらに次世代へとつづいているのだ。
世界中の国が「被爆」の哀しみを抱えているはずなのに…。

a0085246_15584799.jpg
プログラムに、小さな金色の折り紙がはさまっていた。
折った折鶴は核兵器廃絶の願いを訴えるため、広島市長が訪問する国の政府に贈られるという。
 
思いはいつか届くと信じたい。灯篭流しの明りを眺めながら、友人が言ったひと言が忘れられない。
「時間がないのよ。伝えていくためには、急がないと」
歴史の証人たちの命の証言に少しでも耳を傾けたい。
[PR]
by buchi128 | 2009-08-07 15:06 | 旅のツボ
<< たい焼きの魚拓 黒ネコの性格 >>



今日も道端で出あった気になる猫と、きままなおしゃべり
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
黒猫 性格
from 無題
書評:『100万回生きた..
from 酒井徹の日々改善
えがおの鮫珠(さめだま)
from えがおの鮫珠(さめだま)
骨盤矯正ダイエットを始めよう
from 骨盤矯正ダイエット体操の効果
新潟 スポット 恋愛メー..
from 恋愛商材 徹底研究レポ
あの人からのメッセージ
from 常習女
ナンだろサーチ/おかしい..
from 徹底サーチ
小学館 DIME2008..
from はがきによる懸賞情報
ひとことクイズ
from ひとことクイズ
にゃんこ道場
from にゃんこ道場
ライフログ
検索
タグ
(64)
(54)
(37)
(28)
(19)
(17)
(16)
(16)
(11)
(9)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧