つれづれ猫日記

猫と三味線と文楽と

a0085246_21142686.jpgGW、千秋楽は、自分にごほうび。
というか、このために頑張れたといったほうがいいかもしれぬ。
おなじみ「志の輔らくご」へ。
今回は、文楽編
登場したのは、ロシアからの留学生。イワン・ズコノビッチと化した志の輔さんが、日本の伝統文化のすばらしさを「講演」という形で語ったあと、ホンマモンの文楽『伊達娘恋緋鹿子』が披露される。恥ずかしながらワタクシ文楽初体験。1人の人形遣いに2人の黒子。3人もの人間が人形を操っているというのに、いつのまにか人形しか見えなくなってくるすごさに、ただただ驚くばかり。イワン氏ならずとも、文楽の魅力にまずは身を乗り出してしまう。15分の仲入りをはさんで、志の輔さんの落語。「へえ~。今日は黒い着物なんだ~」と思っていたら、ちゃ~んと理由があった。

a0085246_21145129.jpg子猫が、三味線の皮となってしまった父母を慕って三味線のお師匠さんに化けるという『猫忠』。その化け猫が、わが身の上を語りはじめるやいなや。志の輔さん、裃姿に早変わり。着物はそのためだったのだ。 なんと!この猫たちの身の上話を、太夫となって語りはじめた!のである。
人形遣いたちは、猫の人形をまるで人間のように操り、時には、笑いも誘いながら、最後には父母を思う子猫たちの姿が…ああ。だめ、涙でかすんで…。
以前の狂言と落語のコラボも感心しきりだったが、今回はそれ以上。決して、美声とはいえない志の輔さんだが(失礼)、真正面から伝統芸能を敬い、真面目に取り組んでいることがものすご~く伝わってくるのである。伝統芸能と自分の芸とのコラボ。ここまではそこそこ熱心な人なら誰でも思いつきそうなものだが、志の輔さんのすごいところは、とことん飛び込んでひたすらに「習う」姿勢が見えること。そして、自分のお客様に何とか自分を通して、自分が今「ステキだと思っている」ことを伝えたい!という思いが無骨なまでに真摯に伝わってくるところである。
この日の帰り、何人が「文楽、見に行ってみようか」と口にしたことか。
そして、「次回の志の輔も楽しみだね」と手帳に印をつけたことだろう。
走り続けるだけじゃなく、いつも、いつまでも全力疾走。
この人と同じ時代に生きていてよかった。
[PR]
by buchi128 | 2007-05-07 02:07 | 落語のツボ
<< 小倉トーストコレクションfile.2 みんななかよし >>



今日も道端で出あった気になる猫と、きままなおしゃべり
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
黒猫 性格
from 無題
書評:『100万回生きた..
from 酒井徹の日々改善
えがおの鮫珠(さめだま)
from えがおの鮫珠(さめだま)
骨盤矯正ダイエットを始めよう
from 骨盤矯正ダイエット体操の効果
新潟 スポット 恋愛メー..
from 恋愛商材 徹底研究レポ
あの人からのメッセージ
from 常習女
ナンだろサーチ/おかしい..
from 徹底サーチ
小学館 DIME2008..
from はがきによる懸賞情報
ひとことクイズ
from ひとことクイズ
にゃんこ道場
from にゃんこ道場
ライフログ
検索
タグ
(64)
(54)
(37)
(28)
(19)
(17)
(16)
(16)
(11)
(9)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧