つれづれ猫日記

おつきさま

今日は、中秋の名月。
夜、土砂降りになったので、少し心配したが、お月様は顔を出してくれた。
すみくろとベランダで月見。
とはいえ、月を眺めているのは私ばかり。
すみくろは「何してるのにゃ?」と私の顔を眺めてる。

3年前、やはりここから月の写真をとって友人にメールした。
彼女は、病院のベッドの上だった。
次の年の月は見られないことを納得して、闘病生活を送っていた。

私がしてあげられることは何もないのか?
医者をしている友人に尋ねた。
「普段通りにしてあげること。学生時代、一緒にすごしたときと同じように接してあげられるのは君だけ」と言われた。
ふるさとを離れて暮らしている彼女に、
自分がその日過ごした名古屋の風景を、思い出したように報告した。
できるだけ、さり気なく。
上手にできたかどうか、もう彼女に尋ねる術はないが。
季節は夏から秋。
取材で食べた「栗きんとん」の写真を送ったこともあった。
「もう、そんな季節なんだね~」と返事。
「あのメールみたら。急に栗きんとん食べたいっておかあさん。あのあと食べたんだよ」
墓参りのときに娘から聞いた。
寒い季節が来る前に、逝ってしまった。

学生時代から、はっぱを掛けられていた。
病院のベッドでも、見舞いにいったほうの私が逆に
「あんたの将来が心配。そんなにぼんやりしてて」と
いわれたっけ。
こちらこそ、一緒におばあちゃんになれるんだと思ってたよ。
「あのときはさあ」なんて、思い出話を将来するつもりでいたんだよ。

見晴らしのいい病室だった。
あそこからはどんな風に月が見えていたのだろう。
「月はどこでみても同じ月だけどね」といいつつ、送った私。
同じ月をみていることで、彼女の存在を確認したかった。


今、どこで彼女はこの月をみているのだろう?
「しっかりしなよ!」
友の声がいま、とても聴きたい。
[PR]
by buchi128 | 2010-09-22 23:00
<< 運ぶ女 ご近所の底力 >>



今日も道端で出あった気になる猫と、きままなおしゃべり
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
黒猫 性格
from 無題
書評:『100万回生きた..
from 酒井徹の日々改善
えがおの鮫珠(さめだま)
from えがおの鮫珠(さめだま)
骨盤矯正ダイエットを始めよう
from 骨盤矯正ダイエット体操の効果
新潟 スポット 恋愛メー..
from 恋愛商材 徹底研究レポ
あの人からのメッセージ
from 常習女
ナンだろサーチ/おかしい..
from 徹底サーチ
小学館 DIME2008..
from はがきによる懸賞情報
ひとことクイズ
from ひとことクイズ
にゃんこ道場
from にゃんこ道場
ライフログ
検索
タグ
(64)
(54)
(37)
(28)
(19)
(17)
(16)
(16)
(11)
(9)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧